dodoが全曲自身のプロデュースによるEP『default』をリリース

高校生ラップ選手権に出場し話題となり、その後一時音楽活動をストップしながらも、昨年後半から精力的にシングルをリリースしてきたdodoがEP『default』をリリースした。

5曲入りの『default』は、全曲dodo自身がプロデュースした作品となっていて、先行でミュージックビデオが公開されていた"swagin like that"や"kill more it"に加えて、これまでにないバンギンなトラックで、自身がリアルな存在であることを歌う"hot motto"や、"gangshi"など、dodoらしいオリジナリティーあふれるスタイルのリリックが楽しめる作品になっている。

related

STUTSがdodoと羊文学の塩塚モエカを迎えたA_o "BLUE SOULS” のリミックスを公開

STUTSが2人組アーティストA_oの楽曲“BLUE SOULS”のリミックスを制作、スペースシャワーミュージック公式YouTubeチャンネルにて公開した。

dodoとKMによるコラボ曲"better"がリリース

dodoが現在のシーンを代表するプロデューサーKMとのコラボ曲"better"を、本日4/14(水)にリリースした。

DJ RYOWの最新アルバム『Still Dreamin’』からdodoを迎えた"kill shit men"のミュージックビデオが公開

DJ RYOWの最新アルバム『Still Dreamin’』から、異色のコラボと話題になっているdodoを迎えた"kill shit men"のミュージックビデオが公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。