dodoが全曲自身のプロデュースによるEP『default』をリリース

高校生ラップ選手権に出場し話題となり、その後一時音楽活動をストップしながらも、昨年後半から精力的にシングルをリリースしてきたdodoがEP『default』をリリースした。

5曲入りの『default』は、全曲dodo自身がプロデュースした作品となっていて、先行でミュージックビデオが公開されていた"swagin like that"や"kill more it"に加えて、これまでにないバンギンなトラックで、自身がリアルな存在であることを歌う"hot motto"や、"gangshi"など、dodoらしいオリジナリティーあふれるスタイルのリリックが楽しめる作品になっている。

RELATED

【鼎談】dodo × tofubeats × VaVa | スリーマンを控えた三人のノーテーマなおしゃべり

「dodo × tofubeats × VaVa」。ありそうでなかった3アーティストによるライブが6月2日に恵比寿 The Garden Hallで開催される。

dodo、tofubeats、VaVaによる3マンライブが開催

6/2(日)に恵比寿 The Garden Hallでdodo、tofubeats、VaVaによる3マンライブが開催される。

自由が丘で『Erection-Block Party-』が5年ぶりに開催 | Campanella、dodo、in-d、Lil' Leise But Goldがライブ、KM、okadadaなどがDJで出演

自由が丘駅徒歩2分のコインパーキングで毎年開催されていた、『Erection-Block Party-』が5年ぶりに開催決定となる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。