Juicy Jが最新ミックステープ『SHUTDAFUKUP』をリリース | Lil PeepやWiz Khalifaが参加し$uicideboy$がプロデュース

Juicy Jが待望の最新ミックステープ『SHUTDAFUKUP』をリリースした。

『SHUTDAFUKUP』については、Juicy J自身が「1995年当時のスタイルに回帰している」と述べており、Three 6 Mafiaのデビュー時のようなダーティーなスタイルが楽しめるものとなっている。

参加しているのはTaylor GangのボスであるWiz Khalifaと故Lil Peep。プロデューサーにはThree 6 Mafiaに影響を受けている若手デュオ$uicideboy$が多くの楽曲で起用されている。

ミックステープ『SHUTDAFUKUP』はYoutubeや以下のリンクでダウンロードできる。

 

Datpiff

related

DJ Paulが$uicideboy$について「彼らは嘘をついている」と訴訟の真意と背景を明かす

DJ PaulとJuicy Jが、彼らから多大な影響を受けたデュオ$uicideboy$に対して6億円以上を要求する訴訟を起こしたことが話題を呼んでいる。彼らがThree 6 Mafiaの音源を無断で数多くサンプリングしていたことを理由とする訴訟だが、それについてDJ Paulが真意を明かしている。

DJ PaulとJuicy Jが$uicideboy$に対して6億円以上の訴訟を起こす|Three 6 Mafiaの音源が無断でサンプリングされていると主張

鬱屈したリリックと、メンフィスを始めとするサウスのヒップホップから影響を受けたスタイルで高い人気を誇る$uicideboy$。そんな彼らが、リスペクトを表明し曲中にて頻繁にサンプリングしているThree 6 MafiaのDJ PaulとJuicy Jとの間にトラブルを抱えているようだ。

【コラム】$uicideboy$ | 鬱屈した社会の救世主か死神か

かなしい歌が流行るようになった。国内外を問わずチャートに目を向ければ喪失を歌う楽曲がずらりと並ぶ。例えばそれはHalseyの“Without Me”のような失恋ソングであったり、Post Maloneの“Wow”のような成功の中の空虚さが見える曲だったりする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。