新鋭ラッパーGokou Kuyt、Tohji、Sleet Mage、Who28によるコラボ曲"nap"がフリーダウンロードでリリース

日本の若手ラッパーGokou Kuyt、Tohji、Sleet Mage、Who28の4名が参加したコラボチューン"nap"がSoundCloudでフリーダウンロードで公開された。

Playboi Carti以後ともいえる軽いムードのトラックの上で、それぞれのラッパーたちがメロウなフロウを披露している、この楽曲の制作のきっかけやテーマについて、それぞれのラッパーたちからコメントが到着している。

Gokou Kuyt:
Tohji君の家に着いてから最初みんなリビングで話してたんですけどTohji君が飼ってる鳥が結構飛び回っててそれが僕らちょっと怖くて避難するみたいな感じで部屋に連れていってもらいました(笑)そこで最近のトラック聴いたりしてて、せっかくだし4人でなんか作ろうみたいな感じでトラック決めてからテーマも特に決めずにみんな速攻でリリック書いて、書けた人からその場で録音してできたって感じです。僕はその日思ったことをそのまま書きました。この曲を聴くとあの日のこととかTohji君が住んでる街のことを思い出します。

Tohji:
たしかその日は曇ってて、ちょっと寒かったと思います。駅前の焼き鳥屋で65円のやつを買ってそれをしゃぶりながら俺の家にみんなで行きました。東京の郊外で特にやることもなく、雲も吸い飽きたので作った曲がこれです。

Sleet Mage:
とある日に4人でたまたま遊んでてその場でラフに作ったって感じだにゃん☆
時にクンニ侍でもある拙者は寿司を食べ散らかしたすぎて
「おしゃぶり肛門squad」と虚空に向けて心から叫んだでござるな♪
は~あぁ~ぁん~ おさしみたべたいにゃ~
(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!)

who28:
あの日はなんだかマインドが「風」って感じで季節的には冬なんですけど秋っぽさもあって、僕の中で風が巡ってたんでそれを表した感じにしました。
テーマはないんですけど、4人の素と日常がある曲になったと思います。
Tohji君ちのペットの鳥のピーちゃんが暴れまわって僕の肩に乗ったりしてよわい君(Sleet Mage)とカイト(Gokou Kuyt)がビビりまくってましたね。笑 僕もビビってました。
最後に皆でチャリに乗って寿司食いに行って、ゆったりした1日でしたね笑

Gokou Kuyt https://soundcloud.com/kuyt_japan

Tohji https://soundcloud.com/11_tohji_11

Sleet Mage https://soundcloud.com/sleet_mage

who28

related

多彩なジャンルを取り込んだkZmの話題作『DISTORTION 』からTohjiを迎えた"TEENAGE VIBE"のミュージックビデオが公開

kZmが2ndアルバム『DISTORTION』を本日リリースした。 盟友のBIM、5lack、Tohji、LEX、Daichi Yamamoto、MonyHorseなどに加え、野田洋次郎 (RADWIMPS)、小袋成彬といったジャンルを超えた客演陣も話題となっている同作。そのインパクトに負けな...

kZmの2ndアルバム『DISTORTION』に盟友BIMをはじめTohji、LEX、Daichi Yamamoto、5lack、小袋成彬などが参加

kZmが昨日行ったYouTubeのライブ配信にて、4/22(水)にリリースされる2ndアルバム 『DISTORTION』への参加アーティストとアートワークを発表した。

WWW Xで開催されるヒップホップパーティー『YOUNG PRO』の第4回にGokou Kuyt、SPARTAの出演が決定

東京・渋谷のWWW Xで開催されているトラップ以降のヒップホップシーンにおいて様々な方法で自らを表現するアーティストが出演するヒップホップパーティ『YOUNG PRO』(通称:ヤンプロ)の第4回が、4/14(火)に開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。