ニュージーランドの警察無線でN.W.Aの"Fxxk tha Police"が流れる

伝説的なヒップホップグループN.W.Aの代表曲である"Fxxk tha Police"は、タイトル通り警察に対するプロテストソングの代表格として知られているが、そんな楽曲がニュージーランドの警察無線で先週末に何度も流れてしまったと地元紙が伝えている

報道によればN.W.Aのオリジナルバージョンと、Rage Against The Machineによるカバーバージョンが数日間に渡り、何度も警察無線でプレイされたという。

捜査を担当している刑事によれば、こうした行為は公共の安全を害するものであり、1年間の懲役に処される可能性があると述べている。また現在のところ無線機などが紛失したとの報告はされておらず、犯人が無線機を手に入れた可能性は低いとのことで、犯人は別の方法を使って無線に侵入し、楽曲をプレイしたとの見方が強い。

"Fxxk tha Police"に関しては以前ノースカロライナ州のレストランで従業員が、警察官が食事中に同曲を歌い問題になったこともあった。

 

related

12歳のラッパーLil C-Noteがモール内でCDを販売したことで複数の罪に問われる

昨年10月、ショッピングモール内で警察に腕を掴まれ口論になっている動画が広く拡散された12歳のラッパーLil C-Note。そんな彼が、現在複数の重い罪に問われ危機に瀕している。

ベルリンの警察官が宴会で騒ぎすぎて駐留先のハンブルグから強制送還させられる

さすがパーティーのメッカ、ベルリンの警察官といったところだろうか。 警官たちの乱痴気騒ぎをMixmagが伝えている。

レストラン従業員が警察が食事をしている中N.W.Aの"Fxxk Tha Police"を歌い問題に

アメリカのノースカロライナ州ローリーにあるレストランで、従業員が警察官が食事中にN.W.Aの"Fuck Tha Police"を歌い問題となっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。