MANONがKhalidのヒット曲"Young Dumb & Broke"を日本語カバー

MANONはまだCDデビュー前にも関わらず、『シブカル祭。』『OTONOKO』といった大型イベントにもブッキングされている15歳の次世代ガールズ・アイコン。

そんな彼女がKhalidのヒットチューン"Young Dumb & Broke"の日本語カバーをYoutubeで公開した。

Khalidによるヒット曲をクリスマスソングにアレンジし、日本語詞も担当したのはこれまでもMANONの楽曲のプロデュースを手掛けてきたYUPPA。MANONらしいキュート&ファンシーなクリスマスギフトとなっている。なおこのカバーはYoutubeのみで公開されている。

ビデオはMANONのベッドルームで撮影されたD.I.Y.な自撮り。手作り感覚のチープでローファイなプロダクションながら、若者たちの焦燥を優しく讃えた原曲の世界観ともよくマッチしている。

related

MANONとdodoのコラボ曲“WORLD’S END”と藤原ヒロシによるリミックスを収録した限定アナログがリリース

地元・福岡の高校を卒業、大学入学に伴い活動の拠点を東京へと移したMANONが、dodoを迎え7月にリリースしたシングル“WORLD'S END”。その限定アナログバージョンが、同時リリースされ大きな話題を呼んだ藤原ヒロシによるリミックスを収録し10月28日に発売となる。

MANONがdodoをフィーチャーした新曲”WORLD’S END”を藤原ヒロシによるリミックスと同時リリース

今春に地元・福岡の高校を卒業、大学入学に伴い活動の拠点を東京へと移したMANONが、dodoを迎えたニューシングル”WORLD’S END”を本日7/10(金)にリリースした。

MANONがLEXをフィーチャーしKMがプロデュースした新曲"AIR KISSING"をリリース

Normcore Boyzとの共演曲"2 LIVE IN A REAL WORLD"をリリース以降、Sleet MageやYuckleなど新世代の気鋭アーティストとの共演が続くMANONが、今度はLEXをフィーチャーした新曲"AIR KISSING"をリリースすると発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。