MANONがKhalidのヒット曲"Young Dumb & Broke"を日本語カバー

MANONはまだCDデビュー前にも関わらず、『シブカル祭。』『OTONOKO』といった大型イベントにもブッキングされている15歳の次世代ガールズ・アイコン。

そんな彼女がKhalidのヒットチューン"Young Dumb & Broke"の日本語カバーをYoutubeで公開した。

Khalidによるヒット曲をクリスマスソングにアレンジし、日本語詞も担当したのはこれまでもMANONの楽曲のプロデュースを手掛けてきたYUPPA。MANONらしいキュート&ファンシーなクリスマスギフトとなっている。なおこのカバーはYoutubeのみで公開されている。

ビデオはMANONのベッドルームで撮影されたD.I.Y.な自撮り。手作り感覚のチープでローファイなプロダクションながら、若者たちの焦燥を優しく讃えた原曲の世界観ともよくマッチしている。

RELATED

MANONがLEXをフィーチャーしKMがプロデュースした新曲"AIR KISSING"をリリース

Normcore Boyzとの共演曲"2 LIVE IN A REAL WORLD"をリリース以降、Sleet MageやYuckleなど新世代の気鋭アーティストとの共演が続くMANONが、今度はLEXをフィーチャーした新曲"AIR KISSING"をリリースすると発表した。

MANONがSleet Mageを迎えた新曲"WINTER LIL LIFE"のリリックビデオを公開

昨日リリースされたMANONの新曲"WINTER LIL LIFE feat. Sleet Mage"のリリックビデオが公開された。

MANONがSleet Mageとのコラボ曲"WINTER LIL LIFE"をリリースへ

Kero Kero BonitoやRyan Hemsworthデビューアルバム『TEENAGE DIARY』を昨年リリースし、Normcore Boysが参加したリミックス曲"2 LIVE IN A REAL WORLD"も話題になったMANONが2019年の1stリリースをアナウンスした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。