2017 Best Or Worst by 深味翔 (SUPPLY/BACKDOOR)

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

SUPPLY/BACKDOORのディレクターを務めている深味翔による2017年のベストとワーストは?

2017 Best by 深味翔

BLOHM×BACKDOOR Addict trousers

BLOHM×BACKDOOR Addict trousers1

BLOHM×BACKDOOR Addict trousers2

SBQ Bandana

SBQ

コメント

今年の11月で実店舗であるBACKDOORが3周年を迎えアニバーサリー記念で製作したアイテムです。シューズブランドであるBLOHMとは"BLOHMに合うスラックス"をテーマに製作しかなりお気に入りのスラックスが完成しました。1年通してずっと穿くと思います。
そして、10年以上通っている麺喜やしまのオフィシャルでゴローさんにご協力頂き

SBQバンダナも製作しました。ストリート名ではなく僕らがいつも食べているメニュー仕様でうどん揚げ玉カラーになっています。スラックスもやしまも僕にとってデイリーなモノなので、BACKDOORからリリース出来た事はをとても嬉しく思います。

2017 Worst by 深味翔

先日、人生で初めてノロウィルスになりました。
インフルエンザよりもキツかったです。。。

来年の告知

僕ら自身とても楽しみにしている新ブランドやイベントなど来年もマイペースにやって行きますので
ヨロシクお願い致します。

深味翔

pf-1

SUPPLY/BACKDOOR ディレクター

related

2017 Best Or Worst by ANI(スチャダラパー)

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

2017 Best Or Worst by Giorgio Blaise Givvn

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

2017 Best Or Worst by 嫁入りランド

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。