The xxがバンド自らが選曲・ディレクションを務めた来日記念盤『Remixes』をリリースへ

来年2月に単独来日公演を行うThe xxが、日本のファンのためにバンド自らが選曲・ディレクションを務めた来日記念盤CD『Remixes』のリリースを発表した。

本作にはこれまで発表されてきた数々のリミックスから、バンドが特に気に入っているものを収録。メンバーでもあるJamie xxによる"Reconsider"、"Sunset"、"On Hold"のリミックスやFour Tet、Pearson Soundなど親交の深いアーティストたちによるリミックスも収録している。全曲が初CD化となり、パッケージは透明ケースにお馴染みのXロゴをあしらったシンプルなものに。

『Remixes』のリリースに先駆けて、12月には入手困難となっていた1stアルバム『xx』、2ndアルバム『Coexist』、そしてJamie xxのソロ・アルバム『In Colour』のボーナストラック付国内盤の再発も決定した。待望の単独ツアーのチケットは、現在絶賛発売中だ。

Info

Thexx_Remix_Cover_4000_021117

label: Young Turks/Beat Records
artist: The xx
title: Remixes

cat no.: YT177CDJP
release date: 2018.01.19 ON SALE
国内限定盤CD
定価:¥1,800+税

【ご購入はこちら】
amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B077JQFW8M/

beatkart: http://shop.beatink.com/shopdetail/000000002200

商品詳細はこちら:
http://www.beatink.com/Labels/Beggars-Group/Young-Turks/The-xx/YT177CDJP/

DATE / VENUE INFO
2018年
大阪:2月9日(金) ZEPP OSAKA BAYSIDE
開場18:00 開演19:00
前売:¥9,000(1Fスタンディング/2F指定席、D別)
TEL:06-6535-5569 (SMASH WEST)

東京:2月11日(日) 幕張メッセ イベントホール
開場17:00 開演18:00
前売:¥9,000(アリーナスタンディング/スタンド指定席)
TEL:03-3444-6751(SMASH)
TEL:☎03-5720-9999 (HOT STUFF)

TICKET INFO
大阪:ぴあ(P:347-656)、e+(pre order:11/9-12)、ローソン(L:53777)、iFlyer
東京:ぴあ(P:346-934)、e+(pre order:11/9-12)、ローソン(L:75099)、iFlyer

CREDIT
企画/制作:SMASH/HOT STUFF
協力:BEATINK
総合問合せ:SMASH03-3444-6751 smash-jpn.com

 

related

The xxの来日ツアーのサポートアクトにD.A.N.とSapphire Slowsが決定

来月、2018年2月9日 (金) にZEPP OSAKA BAYSIDE、11日 (日) に幕張メッセイベントホールで行われるThe xxの来日ツアーのサポートアクトとしてD.A.N.とSapphire Slowsが決定した。

The xxの写真展とオフィシャルグッズの販売が代官山蔦屋書店でスタート

過去最大規模での来日公演が迫るThe xxの写真展とオフィシャルグッズの販売が代官山蔦屋書店で先週末からスタートしている。

The xxとBEAMSのコラボアイテム第2弾が発表

来年日本ツアーを開催するThe xxとBEAMSのコラボアイテム第2弾が登場。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。