Lil Peepの死因についてドラッグの専門家が語る

FNMNLでも何度もお伝えしているが、先週亡くなったラッパーのLil Peepの正式な検視結果が判明するには6~8週間かかる予定だと言われている。

オーバードーズの可能性が高いと思われるPeepの死因だが、ドラッグの専門家がPeepの死因について解説するムービーをアップしている。

YoutubeチャンネルPsychedSubstanceのAdam LenzによればPeepは常飲していたとみられるXanaxによるオーバードーズではなく、そもそもXanaxではオーバードーズにはなりにくいと言われており、Peepはコカイン、マジックマッシュルーム、濃縮されたマリファナが混合されたカクテルを飲んだことが死因になっているという。

LenzによればPeepはXanaxを飲んだと思っていたが、実はフェンタニルと呼ばれる少量でも致死に至る成分を摂ってしまったため、死に至ったとのことだ。フェンタニルはコカインやMDMAに含まれている物質で、Lenzは「このフェンタニルは今のドラッグシーンに多くみられるものだ」と警告を発している。

「LenzはPeepはテストキットで自身が摂取するのがXanaxかどうか調べたら、まだ生きていただろう」とLenzはムービーで語っている。Peepの検視結果は約1ヶ月後に明かされる。

related

【コラム】Lil Peep 『Hellboy』|愛に囲まれた悲哀の英雄

人々は何を求め音楽を聴くのだろう。音楽アプリを開き、SNSから得た情報で作品をチェック し、チャットで友人にシェアする。クラブに行ってはDJのプレイしている曲をShazamし、始発の電車の中で寝ないためにイヤホンからの音量をスネアの音が聴き取れるくらいまで大きくする。友達とドライブするためにプレイリストを組み、車内でうろ覚えの歌詞を格好つけて鼻歌で合唱する。人それぞれ、自分に適した「音」と、その「音」にたどり着くためのルートは多種多様であると思う。

イギリスにおける音楽フェスの参加者のうち50%以上が何らかの薬物を服用していることが明らかに

先日のJuice WRLDの死によって、再び浮き彫りとなった音楽シーンにおける薬物の問題。もはや、アーティスト側のみならずリスナー側にとっても他人事ではなくなってきているが、今回衝撃の調査結果が発表された。なんとイギリスにて開催された音楽フェスの参加者のうち50%以上の人々が何らかの薬物を摂取しており、さらにその半数以上が通常よりも多くの量と種類を服用しているというのだ。

故Lil Peepのドキュメンタリー映画『Everybody’s Everything』の予告編が公開

エモラップのパイオニアとしてシーンに絶大な影響を与え、2017年に21歳の若さで命を落としたLil Peep。彼を題材にしたドキュメンタリー『Everybody’s Everything』の予告編がついに公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。