ソナーフェスティバルが25周年を祝してAutechreやNina Kraviz、寺田創一の楽曲を使ってエイリアンとのコミュニケーションを試みる

ヨーロッパの歴史ある音楽フェスで、日本でも開催されてきたソナーフェスティバルが、2019年に25周年を迎えるにあたり、壮大な企画が進行中だ。

『Sónar Calling GJ273b』と名付けられたこのプロジェクトは、太陽系から12.4光年離れたルイテン星に向けて、ノルウェーにあるEISCAT科学協会のアンテナを使って音楽放送を実施するというもの。プロジェクトのゴールはルイテン星に存在するかもしれない地球外生命体からの応答がある場合だ。2回に分けて送信される信号の一回目はすでに送信されており、2回目は来年4月に送信予定だ。

ルイテン星はソナーフェスティバルが50周年を迎える25年後までに、返答がある可能性がある星として選ばれた。プロジェクトに楽曲を提供したアーティストはAutechre、Nina Kraviz、Kerri Chandlerなどに加え、日本からは寺田創一が参加している。

『Sónar Calling GJ273b』の特設サイトはこちら

RELATED

島田奈美の楽曲を寺田創一がリミックスした名盤をDJ仕様にアップデートした12インチがリリース

ガラージクラシック"SUN SHOWER"で知られる島田奈美の楽曲を、寺田創一がノンストップ・ハウス・リミックスした1989年リリースの企画盤『MIX WAX ~NAMI NONSTOP』。

寺田創一によるプロジェクトOmodakaの代表曲と未発表音源を収録した7インチがリリースへ

日本のハウス・レジェンドとして活躍を続ける寺田創一によるテクノと民謡とモーション・グラフィックスの融合実験プロジェクトがOmodakaだ。

Soichi TeradaとShinichiro Yokotaによる19年ぶりのライブセッションがKWELのオープンエアーパーティーで実現

これまでVakula、Hunee、Tom Tragoを招聘してきた東京のパーティークルーKWELが9月29日(土)に夢の島のMARINA&GRILLで初のオープンエアーパーティーを開催する。 ヘッドライナーには、国内のハウスシーの黎明期であった1988年に Far East Recor...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。