サイコパスが好きなアーティストはEminemやJustin Bieberという研究結果

NY大学の心理学教授のPascal Wallischと卒業生のNicole Lealの2名が、いわゆるサイコパス(精神病質)の人物が好む音楽ジャンルについての研究を発表した。

この研究では190人以上のニューヨーク大学の学生に、サイコパス度を測るアンケートを実施し、さらに様々なジャンルや年代の楽曲をアンケートに回答した学生に聴かせ、サイコパス度が高い学生が好む音楽ジャンルを調査した。

その結果20曲のサイコパス気質の学生に人気がある楽曲と不人気な楽曲を抽出したところ、人気がある楽曲としてEminemの"Lose Yourself"や、Justin Biberの"What Do You Mean?"、Blackstreetの"No Diggity"がランクインした。

逆に不人気だったのはThe Knackの “My Sharona"やDire Straitsの "Money for Nothing"などだった。

The Washington Postによればまだサイコパス気質の学生が好む楽曲のパターンなどは明確にはわかっていないとのことだ。また教授自身は音楽には全く興味がないことも合わせて答えている

related

Crocs™️とJustin Bieberのコラボレーションが実現

カジュアルフットウェアブランドのCrocs™️と言わずと知れた世界的人気アーティストJustin Bieberのコラボレーションで『Crocs™️ × Justin Bieber with drew Classic Clog』限定モデルが日本時間の10月14日(水)午前10時より、 Crocs™️公式オンラインショップにて発売される。

インディペンデントファッションマガジン『STUDY8』が発売 | flotsam booksでの先行販売イベントも

インディペンデントファッションマガジンの『STUDY』の最新号『STUDY8』が発売となる。

ファッション雑誌『STUDY』がリモートで制作した最新号『STUDY7.3』と髙橋恭司の写真集『ハレルヤ』をデジタルで無料配布

ファッション雑誌『STUDY』が外出自粛期間中にリモートで制作した最新号『STUDY7.3』と、昨年から制作中だった髙橋恭司の写真集『ハレルヤ』を本日6/2(火)にデジタルで無料配布した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。