FutureとYoung Thugの『Super Slimey』は予告編にすぎないとSouthsideが明かす

先週突如としてリリースされたFutureとYoung Thugのコラボ作『Super Slimey』について、プロデューサーとして同作に携わっているSouthsideがComplexのインタビューに登場、2人のコラボについて話している。

これまでにもたくさんのレコーディングを行ってきた両者だが、『Super Slimey』はリリースされる3日前にレコーディングされたトラックで構成されているものだということで、毎度ながらこのアメリカのスピード感には舌を巻いてしまう。

さらにSouthsideはこう語っている。「ぶっちゃけると、このヤバい13曲だけじゃないんだ。この作品は予告編にすぎない」と2人のコラボはまだまだ続いていくと明かし、「彼らはもっともっとヤバい曲を一緒にやったんだ」と、これからが本番だと続けた。

またSouthsideは以前Futureに「もしYoung Thugとのコラボができたら、それはJay ZとKanyeの『Watch The Throne』のようになる」とアドバイスをしており、Futureもそれを覚えており、2週間前に電話で話したときにその話題になったとも振り返っている。

好相性を示してくれたこの2人のコラボだが、今後もさらに期待が集まる。

 

related

Pop Smokeの遺作でのリリックをきっかけにPusha TとYoung Thugとの間でビーフが発生

先週金曜日にリリースされた、故Pop Smokeの最初で最後のアルバム『Shoot For The Stars Aim For The Moon』。同作はVirgil Abloh手掛けるアートワークを巡り議論が起こるなどの騒動もありながら無事リリースとなったが、生前の彼が遺した楽曲でコラボレーションを行なっていたPusha TとYoung Thugとの間に、その楽曲をきっかけとしたトラブルが発生してしまった。

Futureが「トラップをポップミュージックに押し上げたのは俺だ」と主張

先週金曜日にニューアルバム『High Off Life』をリリースしたFuture。そんな彼が、トラップミュージックに自身がもたらした功績を自ら主張し話題を呼んでいる。

French Montanaが「俺はKendrick Lamarよりもヒット曲の数が多い」と発言しInstagram上でのバトルを計画|なぜかYoung Thugが横槍を入れる

新型コロナウイルスによる自宅待機の中、Insgtagramライブを用いた配信が人気を増しつつある昨今。ヒップホップシーンではSwizz BeatzとTimbaland、Scott StorchとMannie Freshらによるビートバトルが大きな盛り上がりを見せた。そんな中、French Montanaもバトルの流れに乗ることを考えているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。