FutureとYoung Thugの『Super Slimey』は予告編にすぎないとSouthsideが明かす

先週突如としてリリースされたFutureとYoung Thugのコラボ作『Super Slimey』について、プロデューサーとして同作に携わっているSouthsideがComplexのインタビューに登場、2人のコラボについて話している。

これまでにもたくさんのレコーディングを行ってきた両者だが、『Super Slimey』はリリースされる3日前にレコーディングされたトラックで構成されているものだということで、毎度ながらこのアメリカのスピード感には舌を巻いてしまう。

さらにSouthsideはこう語っている。「ぶっちゃけると、このヤバい13曲だけじゃないんだ。この作品は予告編にすぎない」と2人のコラボはまだまだ続いていくと明かし、「彼らはもっともっとヤバい曲を一緒にやったんだ」と、これからが本番だと続けた。

またSouthsideは以前Futureに「もしYoung Thugとのコラボができたら、それはJay ZとKanyeの『Watch The Throne』のようになる」とアドバイスをしており、Futureもそれを覚えており、2週間前に電話で話したときにその話題になったとも振り返っている。

好相性を示してくれたこの2人のコラボだが、今後もさらに期待が集まる。

 

RELATED

FutureとDrakeのコラボ曲“Life Is Good”のMVが公開

先日よりコラボプロジェクトが予告されていたFutureとDrakeの二人が、コラボ曲“Life is Good”をリリース。同時にMVも公開となった。

21 SavageがFutureとYoung Thugはラップの楽曲のうち9割にクレジットされるべきだと語る

FutureとYoung Thugといえば、その独特なフロウとワードセンスを武器に今のトラップを中心とするヒップホップシーンに大きな影響を与えてきた。そんな中、両者とのコラボ経験もある21 Savageが、彼らが現在のシーンの楽曲の9割にクレジットされるべきだと語っている。

Lil Babyがキャリアの初期にYoung Thugから大きなサポートを受けていたことを明かす

今やフィーチャリングで見ない日はないほどの人気ラッパーとなったLil Baby。先日には、彼がラッパーとしてのキャリアを始めた頃にGunnaからサポートを受けていたことを明かしていたが、同郷アトランタの先輩Young Thugからも支援を受けていたと語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。