MIYACHIとAKLO、kZmによるコラボチューン"KILL IT EYDEY"がデジタルリリース

Migosの"Bad & Boujee"の日本語を交えたリミックスで注目を集めているMIYACHIと、Jay'EDとのコラボ作も話題のAKLO、そしてYENTOWNのメンバーであるkZmによるコラボチューン"KILL IT EYDEY"が本日よりデジタルリリースされた。

この楽曲は11/1(水)にマンハッタンレコードより発売されるMIXCD『Manhattan Records® presents “Freshman” mixed by MARZY from YENTOWN & prpr』のエクスクルーシブとして収録される。プロデュースはMajor Music(hirOshima)が行っている。

また、ミュージック・ビデオもCDのリリースに合わせて公開予定だ。

Info

Print

アーティスト:MIYACHI, AKLO & kZm

タイトル:KILL IT EYDEY

発売日:2017年10月25日(水)

価格:250 円

仕様:デジタル配信

iTunesリンク→ goo.gl/WNX4J8

related

BIMが2ndアルバム『Boston Bag』を今月リリース | kZm、KEIJU、高城晶平、Cwondo、No Busesが参加

2月にミニアルバム『NOT BUSY』をリリースし、"Runnin"などがスマッシュヒットしたBIMが、早くも2ndアルバム『Boston Bag』を8/26(水)にリリースする。 満を持して迎えた全国ワンマンツアー『NOT BUSY 2020』が2度の延期を余儀なくされてしまう中で、下を向...

【コラム】A New Form of Japanese Rap 2020|交差するラップとレイヴ

トラップのビートが一つのスタンダードとなり、メインストリームからアンダーグラウンドまでありとあらゆるシーンを席巻して何年も経つ。現行のラップミュージックのビートは大雑把に「ブーンバップ」と「トラップ」に二分されることが多いが、もちろんその大きな括りの中で様々なサブジャンルが生まれては消えることを繰り返している。

kZmによるヴァーチャルライブ『VIRTUAL DISTORTION』はコロナ禍におけるライブとして必見

kZmが先日発表したヴァーチャルライブ『VIRTUAL DISTORTION』が、明日7/31(金)から8/2(日)の3日間限定で、専用アプリ「kZm LIVE VARP」上でいよいよ開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。