人気DJ達が厳しいDJ人生の現実を語るドキュメンタリー『WHY WE DJ』

様々なDJの映像を配信する『DJSounds』が新たにDJのドキュメンタリー映像を公開。約40分のドキュメンタリーで、Seth Troxler, Pete Tongなど、メインステージで披露するよう人気DJ達が、DJ人生の現実について語った。

世界的なDJのギャラは何千万円とどんどん高騰。人気DJになればとてつもないギャラが支払われ、不自由ない生活を送れると思ってしまうが、ツアーばかりのDJ人生はかなり辛いようだ。昨年、DJ Ben Pearceが鬱病になり予定していたツアーを全てキャンセルしたり、2年ほど前にRustieが精神的問題で決まっていた公演を全てキャンセルしSNSから姿を消したのを見ると、ツアーの多いDJ人生はかなり大変なのが分かる。

DJSounds』の公開したドキュメンタリー「WHY WE DJ -Slaves to the rhythm」(なぜ私たちはDJをするのか)では、DJ達が包み隠さずにツアーの多い生活が精神と肉体に及ぼす影響を語った。Ben Pearce、Seth Troxler、Pete Tong、B. Traits、Carl Cox、Erick Morilloなどの人気DJが登場。ツアーをキャンセルした経験のあるBen Pearceは「毎日酒を飲み命を削っていた。あるところで、何かを変えなければこれ以上俺は持たないと気づいた」と語っている。

他にもアーティストだけではなく、マネージャー、心理学者、音楽業界の関係者などのインタビューも含まれている。

ツアーのスケジュールで寝る暇もなく、曲を作り続けるプレッシャーと、SNSで常に晒される生活を送るDJ達。それでもなぜそこまでDJに熱中するのか、そして心の健康を保ち続けることについて深く掘り下げていくこのドキュメンタリー。本編はこちら

RELATED

ストリーミングDJサービスBeatport LINKのβ版がRekordboxで利用開始

600万ものトラックを利用できるDJの為のサービスBeatport LINKがRekordboxでベータ版の利用が始まった。現段階ではMacユーザーのみとなっており、完全版は今秋にローンチされる予定だ。 Beatport LINKは月額$14.99ドル(約1600円)で600万ものトラックにア...

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

シカゴの乗り継ぎ駅にラジオ局とDJブースが誕生することに

さすがダンスミュージックの聖地といったところだろうか。シカゴの中心部を南北に縦断する路線Red Lineの95th Street駅が改良工事をおこない、駅構内にパフォーマンスのためのスペースやラジオ局とDJブースが設置されることになったと地元紙が伝えている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。