Lil Bのフェイスブックアカウントが凍結 | 白人への「ヘイトスピーチ」が原因か

ラッパーのLil Bのフェイスブックアカウントが凍結されていることが判明した。「差別的な発言」がフェイスブックポリシーに反していると見なされ30日間の凍結が下され、問題のポストはすでに削除されている。

Lil BといえばNasの曲は聴かないと発言したLonzo Ballに呪いをかけたり、自身が完全なオリジナルラッパーであると評するなど、常にSNS上で議論を巻き起こしてきた人物だ。そんな彼が凍結をされたことで驚くファンも多い。

今回問題になったとされているのはLil Bの白人に対する投稿とされている。しかしLil Bの白人に対する投稿は以下のようなものだ。

白人至上主義の奴らやKKK、ネオナチは俺のことを嫌っているのか?信じられないよ、俺は彼らを愛しているのに。真剣に全ての人類を愛しているんだ。

レイシストにハグを。叫ぶのをやめて、最もハグが必要な人々を抱きしめよう。彼らは怒るかもしれないが、愛を必要としている。

おれは白人至上主義者や、最もレイシズムに染まった人々、黒人を嫌う人々をハグしたら、彼らは本当の愛に目覚める方に賭ける。

Lil Bの投稿自体は、確かに白人について書かれているが、極めて穏当な内容が多い。Facebook側は問題となった投稿を明らかにしていないが、本当に白人に対する"ヘイトスピーチ"は存在したのか、疑問に残る。

Lil Bは今回の件に関してポジティブに捉えており落ち込んではいない様子。ツイッターでも彼の姿勢は変わらず、一貫して愛することを説いている。

related

【特集】ラップとゲームを巡る14の出来事

人気ゲーム『フォートナイト』上で開催され、全世界から1000万人以上のアクセスを集めたTravis Scottによるライブイベント『Astronomical』。

Thundercatが最新作よりMac Millerに捧げた"Fair Chance feat. Ty Dolla $ign & Lil B"を公開

Thundercatが4/3(金)にリリースする最新作『It Is What It Is』から、Ty Dolla $ignとLil Bが参加した"Fair Chance"を先行公開した。 Thundercatと同じくファンク・バンドのメンバーとして活動していた父と、Isley Brothers...

Lil Bが「呪い」を証明するために元NBAスターのケニオン・マーティンに1on1を挑む

台湾系アメリカ人プレイヤーのJeremy Linをディスった元NBAスターのケニオン・マーティンに「呪い」をかけると宣言したLil Bであったが、マーティンは「呪い」の存在を否定しLil Bをディスした。「呪い」の存在を証明するためにLil Bはマーティンにバスケットボールの1on1で勝負を挑むという。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。