『台湾のCDジャケットデザイン』展がNIBUNNOで開催中| アーロン・ニエなど台湾を代表するデザイナー5名の作品が展示

東京・麻布十番の「泊まれるギャラリーをコンセプトとした複合施設、NIBUNNOの地下一階にあるNIBUNNO LABで、9/16から『台湾のCDジャケットデザイン』展が、10/29まで開催中だ。

この展示では台湾で最も人気のあるデザイナーと言われている聶永真(アーロン・ニエ)を始め、方序中(ジョー・ファン)、小子(シャオツー)、布雷克(ブレーク)、顏伯駿(イェン・ボージュン)の5名の台湾を代表するグラフィックデザイナーが手がけたCDジャケットのデザインを展示する。

CDジャケットのデザインは、台湾のデザイン業界にとって特別な存在であり、近年台湾のグラフィックデザインに革命を起こすほど重要な役割を担っている。台湾でも日本や韓国と同様にCDの売り上げが年々低迷している。

そこでデザイナーたちは、より手に取ってもらえるような斬新なアイデアが溢れるCDジャケットと装丁を生み出してきた結果、CDジャケットは台湾のデザイン業界における重要なジャンルとなった。

会場内ではデザイナーたちが手がけた作品の試聴コーナーを設置、購入もすることができ、台湾のCDショップに来たかのような感覚を味わうことができる。

また特別イベントとして、「音楽の世界観からビジュアル化までの発想プロセス」と題したトークを、108日(日)は方序中(ジョー・ファン)が、1021日(土)は聶永真(アーロン・ニエ)が行う。

Info

列印

『台湾のCDジャケットデザイン』展@NIBUNNO
9/16 ~ 10/29 (月・火曜日休館)
12:00 - 19:00
500円
NIBUNNO LAB
106-0044 東京都港区東麻布1-8-2

 

related

コカ・コーラの新ブランド「トポチコ ハードセルツァー」の発売を記念したアート展示が渋谷で開催

コカ・コーラから発売された新感覚のアルコール入りスパークリングウォーター「トポチコ ハードセルツァー」によるアート展示『TOPO CHICO SHIBUYA ART GALLERY』が8/30(月)まで開催中だ。

Charli Tapp、noise、Quentin Chambry、Valentin Dommangetによるグループ展『B1(ultra)safe』がANAGRAで開催中

それぞれ東京を拠点に活動するアーティストCharli Tapp、noise、Quentin Chambry、Valentin Dommangetの4人によるグループ展『B1(ultra)safe』が、8/15(日)まで半蔵門・ANAGRAで開催中だ。

ゲームのバグをテーマにしたアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が開催

東京在住のアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が、幡ヶ谷のgallery communeで5/28(金)から開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。