Steve AokiがヒップホップとEDMの違いを語る

自身のレーベル・ファッションブランドDim Makを運営し、DJとしても世界中を忙しく飛び回るSteve Aoki。

これまではEDM色が強かった彼だが、昨今のヒップホップブームを鑑み、新作『Kolony』では多くのラッパーをフィーチャーしたものとなっている。

そんなAokiがGeniusのインタビューに登場、ヒップホップとEDMの違いについてなどを語っている

AokiはアルバムのハイライトとなっているアトランタのMigosとLil Yachtyをフィーチャーした"Night Call"について「特にアトランタのラップチューンを作ろうとしたわけではない」という。そうではなく「少なくともアメリカでは、アトランタがポピュラー音楽の温床だから」と、今のアメリカのポップ音楽の基盤にアトランタのラップミュージックがあると述べている。

さらにそうしたポピュラーミュージックの温床としてLAも付け加えたAokiは、続けて今作でヒップホップに寄ったサウンドを作った理由を明かす。「EDMは、基本的にグルーヴを出すのが優先されるので、ボーカルがあまり自由になれない。EDMはよりトラックやビートに重心が傾いている。それに対してヒップホップはよりプロセスが重要だ。基礎的なものができたら、あとはアーティストに自由がある」とEDMよりヒップホップの方がボーカル面に関して自由があると述べた。

また「"Night Call"では(EDM特有の)ドロップを取り除いた」と話す、Aokiは「実は最初はドロップがあったんだけど、MigosとYachtyの好きにやらせたかったから、ドロップを消したよ」と述べ、アトランタのラッパーたちを信頼して作ったと話している。

related

Lil Yachtyがカードゲーム『UNO』をベースとしたアクションコメディ映画を製作予定であることが判明

多くの方が一度は遊んだことがあるであろうカードゲーム『UNO』。大人数で盛り上がるにはうってつけのこのゲームは世界中で親しまれているが、なんとLil Yachtyが『UNO』をテーマとした映画の製作に乗り出していることが報じられている。

Lil Yachtyがトランプ大統領にKodak Blackを釈放するよう要求

2019年に銃器所持の罪によって3年10ヶ月の服役を課されたKodak Black。以来今年に至るまで収監され続けている彼のために、Lil Yachtyが立ち上がったようだ。

バイデン候補の次期大統領当確の報道にアーティストたちの様々なリアクション

トランプ大統領のクレームなどにより、バイデン候補の有利で進んでいたにも関わらず、中々当選確実の一報が出なかったアメリカ大統領選挙。本日未明にアメリカの報道各社が一斉にバイデン候補の当確のニュースを出した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。