本日DOMMUNEでECDの7時間特番が放送 | 本人のDJプレイやスチャダラパー、高木完、田我流など所縁の人物が登場

宇川直宏が主宰するストリーミングチャンネルDOMMUNEにて、ラッパーのECDをフィーチャーした特番が本日の18時から25時まで放送される。

18時から21時まではトーク編で磯部涼と二木信が総合司会を行い、石黒景太やSTRUGGLE FOR PRIDEの今里、高木完、荏開津広、スチャダラパーなどが登場し、これまでのECDの軌跡を振り返る。

さらに21時からはライブ&DJパフォーマンス。ECD本人によるDJプレイのほか、田我流やDJ YASなど超豪華ゲストが登場予定だ。

Info

ecd

DOMMUNE7時間 SPECIAL<実写版「ECD IN THE PLACE TO BE:21世紀のECD」

●【18:00-21:00:TALK PROGRAM/3時間】総合司会:磯部涼、二木信
■18:00-19:00「21世紀のECD篇」(60分)
<ベスト盤『21世紀のECD』までの活動について>
出演:石黒景太(ex キミドリ、ILLDOZER)、今里(STRUGGLE FOR PRIDE)、坂脇慶、佐々木堅人 他
■19:00-20:30「20世紀のECD篇」(90分)
<ECDの誕生について〜日本語ラップ期/「さんピンCAMP」まで>
出演:高木完、荏開津広、スチャダラパー(BOSE、ANI、SHINCO)、K DUB SHINE 他
<プレECD期の石田さんについて>
出演:山崎春美(ガセネタ、タコ)、山本哲 & 有近真澄 & 池田敬太(ex 劇団 キラキラ社)、野々村文宏、他
■20:30-21:00 現在のECD篇(30分)
<ラッパーECDの"今"について>
〜ECD新刊『他人の始まり 因果の終わり』『Quick Japan ECD特集』
出演:宮里潤(編集者)、続木順平(「Quick Japan」編集長)

●【21:00-25:00:LIVE&DJ+LIVE ARCHIVES/4時間】
■21:00-22:30「ALIVECDJ!!!!!!!」(90分)
<ECD本人によるDJ PLAY>
DJ:ECD
■22:30-24:30「ECD IN THE PLACE TO BE」(120分)
<ECDに縁のあるアーティストによるECDに捧げるLIVE&DJ>
LIVE:スチャダラパー(予定)、田我流、他豪華ゲスト DJ:YAS 他
■24:30-25:00「ECD LIVE ARCHIVES!!!!!!!」(30分)
再配信:ECD LIVE!(2015年9月1日「#本当に止める SEALDs 第二章/TAKE BACK DEMOCRACY」)

http://www.dommune.com/reserve/2017/0904/

related

ECDが2014年に発表したアルバム『FJCD-015』の収録曲"ECDのジャスト ア フレンド"のミュージックビデオが3回目の命日に合わせ公開

2018年1月に亡くなったECDが2014年に発表した通算16枚目となるアルバム『FJCD-015』に収録されている"ECDのジャスト ア フレンド"のミュージックビデオが、3回目の命日に合わせ公開された。

故ECDが自身のレーベルFINAL JUNKYからリリースした9作品がSpotifyやAWAなどで解禁

2018年に亡くなったECDが自身のレーベルであるFINAL JUNKYからリリースしたオリジナルアルバム9タイトルが、SpotifyやAWAなどこれまで未解禁だったストリーミングサービスでも解禁となった。

SUPER DOMMUNEが渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト(au 5G)の AR技術を導入した拡張現実化ライブを配信|第一弾にはFISHMANSの出演が決定

ライヴストリーミングスタジオDOMMUNEとau 5G (KDDI)がパートナーとなり、最先端テクノロジーを活用した5G時代の配信型スタジオ「SUPER DOMMUNE tuned by au5G」を渋谷パルコ内にオープンすることが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。