洪水被害のヒューストン市で活動するミュージシャンであれば誰にでも無償でフィーチャリングするとLil Bが発言

米テキサス州に上陸したハリケーン「ハービー」の豪雨被害でヒューストン市が水没。ラッパーのLil Bが、ヒューストン市で活動しているアーティストなら誰にでも無償でフィーチャリングし、バースを提供すると発言した。

ヒューストン市にハリケーンが直撃し、豪雨による洪水が続いていることを受けてLil Bが独特な支援活動をTwitterで発表。

「ヒューストン市で洪水被害に遭っている、音楽を作っている人達。LiL Bは9月中であればヒューストン市で活動するアーティストであれば誰にでも無償でバースを提供するよ」とツイートした。

現在すでに様々なヒューストン市で活動するミュージシャンが反応を示している。アマチュアからプロまでラッパーやトラックメーカー達が、是非自分の曲で歌ってほしいと、Lil BのTwitterアカウントにリプライを送っている。それらのツイートをLil Bはひとつずつ自身のアカウントでRTしているのを見ると、本当に発言通りヒューストン市のアーティストからのオファーを全て受諾するのかもしれない。

ラッパーならラップで支援するというアーティストならではのチャリティ運動。実際に現地のアーティストがLil Bにフィーチャリングしてもらった楽曲を公開するのが楽しみである。

RELATED

Lil Bが「呪い」を証明するために元NBAスターのケニオン・マーティンに1on1を挑む

台湾系アメリカ人プレイヤーのJeremy Linをディスった元NBAスターのケニオン・マーティンに「呪い」をかけると宣言したLil Bであったが、マーティンは「呪い」の存在を否定しLil Bをディスした。「呪い」の存在を証明するためにLil Bはマーティンにバスケットボールの1on1で勝負を挑むという。

SkeptaがA$AP RockyやLil BをフィーチャーしたEP『Vicious』をリリース

UKのトップMCで、アメリカでも高い評価を受けているSkeptaが本日6曲入りの新作EP『Vicious』をリリースした。

Lil Bが襲撃をおこなったA Boogie Wit Da Hoodieと電話で和解 | ファンは未だに怒り心頭

先週末に行われたフェスRolling Loud Bay Areaで起こったA Boogie Wit Da HoodieとPNB Rockも含む彼のクルーによるLil B襲撃事件。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。