Pharrellがエレベーターに閉じ込められ、エレベーター内に"Happy"が鳴り響く

LAでPharrell Williamsがエレベーターに閉じ込められたとPage Sixが報道した。皮肉にも救出待ちの最中、エレベーターのスピーカーからは彼のヒットソング『Happy』が流れていたという。

Pharrellは自身が運営する『i Am Other』が制作に携わっている、Netflixで配信される新アニメシリーズ『True and the Rainbow Kingdom』のプレミア公演に向かう途中だった。移動中に使用したエレベーターが故障で停止してしまい、同行していたセキュリティチームを含めた12人がエレベーターに閉じ込められてしまった。

救出を呼ぶも、約30分も彼らはエレベーターに閉じ込められたままだった。このエレベーターはBGMが流れるタイプのものだったようで、なんと救出待ちの間、エレベーター内のスピーカーからはPharrell本人の大ヒット曲"Happy"が偶然流れていたとのこと。

エレベーターに閉じ込められる状況は人によってはトラウマものの恐怖である。エレベーターの故障で長時間閉じ込められた人の中にはパニックを起こす人も少なくない。しかしPharrellは救出が来るまでのずっと冷静で慌てる様子もなかったようだ。

結局救助隊が到着しても、エレベーターは動かず、ドアも少ししか開かなかったようで、彼らはわずかに開いたドアからよじ登って脱出した。

その後無事に上映会のイベントに到着。何事も無かったようにステージに登場したPharrellは「さっきエレベーターに閉じ込められてた!でもなんとか来れた。エレベーターの中はめちゃくちゃ暑かったよ!」と上機嫌で観客たちに伝えた。

related

ReebokとBILLIONAIRE BOYS CLUBによるコラボスペシャルモデルが発売

Reebokと、Pharrell Williamsが設立した人気アパレルブランドのBILLIONAIRE BOYS CLUB(ビリオネアボーイズクラブ、略称・BBC)とのコラボレーションアイテム2/22(土)に発売される。

adidas Originalsが『SUPERSTAR』誕生50周年を記念した新キャンペーンを始動|Jonah Hillが監督しPharrell Williamsらが出演するフィルムも公開

adidas Originalsが、アイコニックなスニーカーである『SUPERSTAR』の誕生から50年の歴史と、今後の未来をセレブレイトすべく、新キャンペーン『CHANGE IS A TEAM SPORT - つなげ、その意思を。』をスタートした。

KelisがThe Neptunesによって楽曲の権利を奪われ報酬を受け取っていないと主張

先日、長い活動休止期間を経てついに再始動を果たすことが発表されたPharrell WilliamsとChad Hugoのプロデューサーユニット、The Neptunes。そんな彼らとのコラボレーションで知られるR&BシンガーのKelisが、このタイミングでまさかの主張を行い話題となっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。