SZAがアルバムをリリースするためにレーベルにハードディスクを奪われたと明かす

デビューアルバム『Ctrl』を今年TDEからリリースしたSZAが、ガーディアン紙のインタビューで衝撃的な事実を明かしている

インタビュー内で、SZAはアルバム制作がなかなか進まなかったことを明かしている。収録予定の曲を聴き返すうちに、満足ができなくなりボツにしてしまったことを話すSZAは、昔からお母さんに時間にルーズだとよく怒られていたという。

ではどうやってアルバムのリリースにこぎつけたかというと、レーベルがSZA抜きでリリースしたからだという。「レーベルの人間が、私から曲が入っているハードディスクを奪ったの。それが全て」とSZAは語っている。

SZAはハードディスクに入っていた150~200曲の曲から、自分でチョイスしており、「私以上のことを誰がわかるの?」という気分だったという。

なのでリリースされた『Ctrl』はもちろん十分な傑作だといえるが、SZA曰く「あと一ヶ月もらえたら全く違うものになっていた」とのことだ。

現在SZAは『Ctrl』に続く次回作を制作中ということで、あと半年くらいでリリースできるという。今度はSZA自身が満足する形でリリースしてほしいものだ。

 

related

SZAがニューアルバムのリリースが遅れている理由について「TDEがリリースさせてくれない」と発言|レーベルのボスPunchはこれを否定

2017年リリースの『Ctrl』以来、3年に渡ってニューアルバムを待望されていながらも未だリリースに至っていないSZA。以前より何度か新作の存在を仄めかしてはいたものの具体的な詳細などは発表されていなかったが、今回、SXAがリリースが遅れている理由に所属レーベルとの軋轢があると発言したことが波紋を呼んでいる。

SZAが「もう二度とインタビューや写真撮影の仕事は受けない」と発言

TDEを代表するシンガーSZA。そんな彼女が今回、インタビューや写真撮影の依頼についての発表を行い話題を呼んでいる。

Snoop Doggが「TDEはDeath Row Recordsをより良くしたバージョン」だと語る

1990年代の西海岸を代表するレーベルであるDeath Row Records。2pacらと共にDeath Row出身アーティストの代表であるSnoop Doggが、現在の西海岸で独自の地位を築きKendrick LamarやScHoolboy Qらが所属するレーベルTop Dawg Entertainment(TDE)をDeath Rowと比較したことが話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。