村山悟郎の個展『座って見るために、画像を解除する』がG/P galleryで開催

「Assassination of A.K, p2 #0」2017 Goro Murayama Courtesy of G/P gallery, Tokyo

東京・恵比寿のG/P galleryで、アーティスト村山悟郎の新作個展『座って見るために、画像を解除する』が9/2から開催される。

村山は文化庁新進芸術家研修員としてウィーンに2年間滞在し、本年9月に帰国する。今回の個展はテーマとして「クソコラ(CRAPPY COLLAGE)」を据え、デジタルフォトコラージュと映像によるコラージュ作品で構成される予定だ。

渡欧前に開催した個展『監獄のファンタジー』(2015. 小金井シャトー2F)の続編にあたり、2016年、トルコのアンカラで起こったロシア駐在大使殺人事件(くしくも犯行現場はギャラリーであり「トルコ人が見たロシア」 という写真展が開催されていました)を引用している。

村山悟郎
「Assassination of A.K, p1 #05」2017 Goro Murayama Courtesy of G/P gallery, Tokyo
05_turkey_p4_03_web
「Assassination of A.K, p3 #03 」2017 Goro Murayama Courtesy of G/P gallery, Tokyo

<アーティストステイトメント>
『座って見るために、画像を解除する』
1980年代生まれの日本人である自分にとって「世界は幻影に包まれている」と言っても過言ではない。大袈裟だろうか。 写真は、現実を記述する役割を統計にとって変わられて以降、画像-イメージとしての戦略的な様相を強めた。決定的だっ たのは、湾岸戦争が全世界にブロードキャストされ、モニターの向こうに戦争を押し込め、”TV WAR”となったことだった。いまや政府だけでなくテロ組織もネットを介して、メディア操作を駆使して戦う。(震災を想起すれば)報道すらも何らかの息がかかっているとの疑念を払拭できない。FAKE NEWSやPOST TRUTHといった言葉が作られる以前から、私たちはそんな予兆を感じつづけてきたはずだ。もはや私たちには、どんな現実も指し示すことができないかのよ うである。あなたの椅子が安心して座れるものかどうか、甚だ怪しいのだ。

しかし、みずから世界を形成する回路が断たれているというわけではない。この目で見、この手で触れることのできる現実のみを信じる、この信仰を基本として精力的に世界を拡張することは可能だ。生の現場に立ち会おうする姿勢を、 医師と戦士から、世界を発見的に知ろうとする姿勢を、ジャーナリストから学ぶべきである。私は芸術家らしく、メディ ア操作を批評的に扱いたいと思う。それが本展の存在領域であり、ステートメントである。

 

本展で扱うクソコラ(CRAPPY COLLAGE)は、ネット民が開発した高度なイメージ批評であり、上述のようなメディア状況を茶化すことで、我々のメディア状況そのもの自体をメタ化する行為である。メディア状況に批評を加えることこそが、最大に政治的な芸術家の営みであると、私は思う。絶えず別様な形へとメディアの隙間ひらくことをとおして、 世界を再び形成するのである。

 

モチーフとして扱うのは、昨年おきたロシアの駐トルコ大使殺害事件である。アンドレイ・カルロフ氏は写真の展覧会場で演説中に後ろから撃たれた。ホワイトキューブで繰り広げられたこの暗殺劇を、私は看過することが出来ない。政治的デモンストレーションとしてメディアを濫用しようとする暴力に、同じメディアの地平で抵抗するために、私は本展を企図する。

 

Info

村山悟郎「座って見るために、画像を解除する」
会期 : 2017年 9月2日(土)- 10月1日(日)月休(月が祝日の場合は翌日休)最終日は 17:00まで

場所 : G/P gallery 150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F

オープニング・レセプション:2017年 9月2日(土) 18:00-20:00

<関連企画:トークイベント>

日時:9月3日(日)18:00-19:30

登壇者: Houxo Que (アーティスト)、村山悟郎 メディエーター:須賀悠介(アーティスト)

場所: G/P gallery 座席:25名 *お電話かメールでご予約ください。

日時:10月1日(日)18:00-19:30

登壇者: 小山泰介(写真家)、村山悟郎

場所:G/P gallery 座席:25名 *お電話かメールでご予約ください。

related

グラフィックデザイナーのD.O.X.によるプロジェクト「CAUSE AND EFFECT」のアーカイヴ展がgallery communeで開催

自身でもブランドを運営し、また国内外のブランドへのグラフィック提供や数多くのユニットとしても活動する東京在住のグラフィックデザイナーD.O.X.。

FACE RECORDS × LAID BUGによるプロジェクト 『SLIPPIN MATTERS』よりアートスリップマットが発売|代官山 蔦屋書店にてPOP UPも

渋谷のアイコニックなレコードストアFACE RECORDSと、新鮮なアート展とクセの強いオリジナルプロダクトが人気のギャラリー&スーベニアショップ LAID BUGが手を組み、アーティストの作品を落とし込んだスリップマットが4月16日(金)に発売される。

lee (asano+ryuhei)の個展『緊張と緩和』が大阪・DELIにて開催

lee (asano+ryuhei)の個展『緊張と緩和』が、4月16日(金)〜4月25日(日)大阪・DELIにて開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。