Rick Rossが「女性ラッパーと契約をしないのは、自分がセックスをしてしまうのを防ぐため」と問題発言

自身のレーベルMaybach Music Groupを主宰するRick Ross。Maybach MusicにはMeek MillやWaleなどトップアーティストが揃い、USのシーンの一大派閥となっている。そんな巨大クルーのボスであるRossが、人気ラジオ番組『Breakfast Club』に出演した際の発言が物議を醸している。

Rossはたくさんのアーティストを抱えるMaybach Music Groupに、なぜ女性のアーティストがいないかを尋ねられ、こう答えている。「おれは一回もサインしたことはないよ、なぜっておれはいつもこう思っているんだ。サインしたラッパーとセックスをしてしまうんじゃないかって。そしたらビジネスもめちゃくちゃになってしまう」とのRossの答えを聞いた、ホストの2人はジョークと捉え笑っている。

さらにRossは「おれはビジネスに集中したい。もしそのラッパーの見た目が良かったら、おれはアー写の撮影にめちゃくちゃ金をかけてしまう、それで何回もセックスしてしまう」と重ねる。

単純にいって、仮定の話だとしても、Ross自身のビジネスと女性ラッパーの存在は相関関係にないし、またRossは、女性ラッパーの側にはセックスを断る権利はないと捉えていると考えられる。

2013年にリリースされた楽曲"U.O.E.N.O."でレイプを示唆するようなリリックが問題となり、Reebokとのスポンサー契約が打ち切りになった一件から全く学んでいないと思われても仕方がない発言といえるだろう。

Rossの発言は下の動画の8分45秒から聞くことができる。

related

Rick RossがKanye WestにPusha Tを紹介した際のエピソードを披露

G.O.O.D. Musicの二大リーダーといえばKanye WestとPusha T。現在では盟友として知られる二人の出会いには、Rick Rossが大きく貢献していたようだ。

Rick Rossが50Centとコラボしたいかという質問に対し「今もまだドープなら」コラボすると答える

Rick RossはBig Boy’s Neighborhoodに出演し、彼の新作『Port of MiamiⅡ』に関して語った。その中でRossは、50Centとコラボするならどうするかという質問を投げ掛られ、50が2019年でも魅力があるのかどうかについて悩む一幕があったそうだ。

Rick Rossが愛息子をBillionくんと命名

先日、長年のガールフレンドBriana Camilleとの間に2番目の息子が誕生したRick Ross。非常にめでたいニュースだが、Rick Rossがその息子に付けた名前が話題となっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。