ユリイカ8月号はcero特集 | メンバーのロングインタビューやMOODMANとの座談会など充実の内容

7/27に発売される『ユリイカ』2017年8月号で、cero特集号が刊行される。

8/11の『cero Presents“Traffic”』の開催を目前に控え、その音楽的構造から描かれる情景まで、ポップミュージックの最先端で新展開を見せつづけるceroの魅力に迫る特集となっている。

気になる内容はcero(髙城晶平・荒内佑・橋本翼)の3人へのロングインタビューをはじめとして、MOODMANとの座談会、MODERN STEPS TOUR以降の現サポートメンバー5人による座談会も収録。さらに、ceroの結成当初から写真を撮りつづけてきた写真家・鈴木竜一朗による撮り下ろしの表紙にくわえ、これまでの歩みを総覧するかのような写真の数々を口絵として掲載。

ほかにも、鈴木慶一をはじめとして、元メンバーの柳智之、元サポートメンバーのあだち麗三郎、ジャケット等のデザインを務める惣田紗希や、ライヴのVJやMVの監督も務めるVIDEOTAPEMUSICなど、ceroと縁の深いアーティスト/作家によるエッセイにくわえ、本秀康、西村ツチカによる書き下ろしマンガも収録する。

そのほか冨田ラボ(冨田恵一)、坪口昌恭、輪島裕介、原雅明、松永良平、大石始、森元斎、柳樂光隆、七尾旅人、前野健太、黒田卓也、坂口恭平、飴屋法水などミュージシャンを含む多彩な豪華執筆陣による充実した論考も。

エキゾチカ、クラブミュージック、ラップ、現代ジャズ、歌詞とそこで描かれるもの……さまざまな角度からceroの音楽を読み解く充実の一冊となっている。

Info

cero

『ユリイカ』2017年8月号(青土社)

「特集*cero──“WORLD RECORD”“My Lost City”“Obscure Ride”…」

発売日:7月27日

菊判変形、256ページ 定価:本体1,500円+税 ISBN:978-4-7917-0334-0

http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=306

<特集内容>

■インタビュー

ceroという共同体

cero(髙城晶平・荒内 佑・橋本 翼) 聞き手=磯部 涼

■Traffic──音は路地で交差し、立ち止まる

ceroよ、バンドの還暦は一〇歳だ

鈴木慶一

思い出した一日

柳智之

街の灯を想う時

惣田紗希

ぼくがceroにもたらした最大の功績

あだち麗三郎

私の街の報せ──「街の報せ」Music Video制作日誌

VIDEOTAPEMUSIC

少しずつ体は死んでいく──東京から遠く離れて

森元斎

集い、つながり、ひろがったceroの東京音楽地図

松永良平

■図版構成

cero chronicle

写真=鈴木竜一朗

cero chronicle座談会

cero(髙城晶平・荒内 佑・橋本 翼) 鈴木竜一朗

■Exotica──いくつかの幻想、都市の成り立ち

「別の世界」を漂う者たち

こだま

七年目の手紙

七尾旅人

2羽

西村ツチカ

今年の夏は

前野健太

街の音楽──ceroが描いてきた「東京」

大石始

日本ポップの自意識とエキゾティシズムの行方

輪島裕介

渋谷系から井の頭線で少し離れて──ceroと武蔵野シティの音楽

矢野利裕

■音楽とともにある喜びに

よきせぬことが起こる夜──クラブミュージックとの交差点

MOODMAN cero(髙城晶平・荒内 佑・橋本 翼) 司会=磯部涼

cero Stay Raw

黒田卓也

This Must Be The Place

坂口恭平

Elephant Ghost

本秀康

ロープウェー

飴屋法水

■“obscure”の構造──クラブ/ジャズ/ラップ…

共同体の生み出すグルーヴとその揺らぎのリアリティ

原雅明

折衷的な、余りに折衷的な──ceroという名のフロウ

吉田雅史

『Obscure Ride』のその先へ──更新されるビートとポップミュージック

柳樂光隆

現代ジャズとceroの邂逅──スリルと快楽の構造

冨田ラボ(冨田恵一)

ceroのハーモニー構造とポリリズム

坪口昌恭

■“MODERN STEPS” turn on

それぞれの音の集まるところ──ceroサポートメンバー座談会

光永 渉 厚海義朗 古川 麦 小田朋美 角銅真実 司会=松永良平

■とてつもなく巨大なレコードのうえで……

世界の終わりのあとの世界──ceroの詩を読む

福嶋伸洋

音楽の魔術的リアリズム──ceroと文学をめぐって

阿部幸大

インターネットと二〇一〇年代東京の「ポップ」

日高良祐

ジャンルの樹海

髙橋聡太

■ディスコグラフィ

Discographic Ride with cero  松永良平

RELATED

【対談】cero・高城晶平×田我流 『Traffic』|ノスタルジーの粉を吸わずにはいられない

例年よりすこし遅めではあるものの、梅雨が明け、本格的な2019年の夏が到来。フジロックも無事開催終了し、本格的な夏フェス/ライブ・イベントのシーズンを迎えている。そして、今後予定される数多ある夏イベントのなかで、一際の存在感を放つのがceroが主催するライブ・イベント『Traffic』である。新木場STUDIO COASTで2016年から毎年開催、今年で4回目を数える本イベントは出演ライブ陣やDJ、フードの出店などのセレクトをすべてceroメンバーが担当、ほかでは見ることのできない組み合わせが醍醐味となっている。今回は8月11日(日)の『Traffic』開催を目前に、ceroの高城晶平とライブで参加することが決定している田我流の対談を敢行。子育てからノスタルジーにまつわる話、もちろん本イベントに関するあれこれをざっくばらんに語ってもらう。

ceroによる夏祭りイベント『Traffic』に田我流、千紗子と純太などが出演決定 | 新ステージには橋本翼主催のイベント『SOM TAM CLUB』も

夏の恒例イベントとなったcero主催のお祭り『Traffic』の、第2弾出演者が発表となった。

ceroによる夏祭り『Traffic』の第一弾ゲストでChara、猪野秀史、okadadaが発表

8/11(日・祝)に新木場STUDIO COASTで開催される夏の恒例イベントとなったcero主催のお祭り『Traffic』の第一弾ゲストが発表となった。 今回、第1弾としてChara、猪野秀史、okadadaの出演が決定。 [caption id="attachment_75451" ...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。