気鋭の写真家、赤鹿麻耶の展覧会『大きくて軽い、小さくて重い Large but light, small but heavy』

東京・馬喰町のKanzan galleryで、気鋭の写真家、赤鹿麻耶の展覧会『大きくて軽い、小さくて重い Large but light, small but heavy』が開催中だ。

1985年に大阪で生まれた赤鹿は『キヤノン写真新世紀2011』でグランプリを受賞。2012年には『ビジュアルアーツフォトアワード大賞』も獲得、現在も大阪を拠点に活動を続けている。

今回の展覧会は、インディペンデント・キュレーターの菊田樹子がキュレーションする展覧会のシリーズ「写真/空間」の一環として開催。全て新作を展示。

A
© Akashika Maya
B
© Akashika Maya
C
© Akashika Maya
© Akashika Maya
© Akashika Maya
E
© Akashika Maya

「赤鹿さんはこれまで、空間を写真で覆うインスタレーション、自らの制作現場やプロセスを見せる試み、そして、屋外、銭湯などいわゆるホワイトキューブではない場での作品発表を行ってきました。それは赤鹿さんならではのとても魅力的な写真と空間の提示であった一方で、私は赤鹿作品の1枚1枚のイメージとしての写真にも惹かれていて、それらに集中する展示のあり方を試してみたいと思い、今回の展示を企画しました。

今回は他人が見た『夢』をベースとした新作を大きな柱にしました。赤鹿さんの作品には、街中などでのスナップもあれば、モデルに細かく指示を出して撮影されたステージド・フォト(演出写真)が混在しています。今回は、この2つの写真空間、そしてこのシリーズの制作プロセスで重要な役割を果たした『言葉』を織り交ぜて、1つの空間を作ることで、新しい赤鹿さんの作品のあり方が見えてくるのではないかと思っています」

当展キュレーター 菊田樹子

 

また伊丹豪と赤鹿のトークイベントが7/22に開催される。

Info

【開催概要】
会期:2017年7月18日 (火)〜8月26日(土)
*夏季休業 8月13日(日)〜8月16日(水)
火〜土曜 12:00〜19:30
日曜 12:00〜17:00
*月曜定休
入場無料
会場:Kanzan Gallery   http://www.kanzan-g.jp/
千代田区東神田1-3-4 KTビル2F Tel. 03-6240-9807

アクセス:
JR横須賀線・総武快速線 「馬喰町」2番出口 徒歩3分
都営新宿線 「馬喰横山」A1出口 徒歩4分
日比谷線 「小伝馬町」徒歩6分
都営浅草線 「東日本橋」徒歩6分

関連企画
7月22日(土)
トーク17:00-
伊丹豪x 赤鹿麻耶
定員20名/ 要予約
TEL. 03-6240-9807 info@kanzan-g.jp
レセプション 18:30-

related

cherry chill will.の日本のヒップホップシーンにフォーカスを当てた写真展がDr. Martens SHOWROOM TYOで開催

ヒップホップシーンを中心に国内外のアーティストから大きな支持を得ている写真家のcherry chill will.の写真展が、Dr. Martens SHOWROOM TYOで開催中だ。

LAの写真家Colin Sussinghamによる展示『BE L’EAU』がcommuneで開催

NY出身で現在はLA在住の写真家Colin Sussinghamによる展示『BE L’EAU』が、幡ヶ谷のgallery communeで9/16(金)から開催される。

写真家の小浪次郎が19歳頃に撮りためた写真をまとめた写真集『Searchlight』を刊行 | 展覧会もSALT AND PEPPERで開催

NYを拠点にする写真家の小浪次郎による写真集『Searchlight』がSALT AND PEPPERから刊行される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。