『TARGET VIDEO TOUR』が日本初上陸 | 創設者ジョー・リースによるトークショーも

1980年代のアメリカ・ヨーロッパのパンクキッズを熱狂させた映像アーティスト集団TARGET VIDEOが復活するのに際し、日本でツアーを開催する。

『TAGRGET VIDEO TOUR』と名付けられた、このツアーは創設者であるジョー・リース本人が、本ツアーのためだけに編集した完全オリジナルの 究極のパンクムービー60分を引っさげて来日、リースによるトークショーも。

ツアーは7/19に名古屋HUCK FINN、7/20に渋谷 WWWで開催、イベント当日は、当時販売していた「TARGET VIDEO」オリジナルTシャツの復刻版も販売予定。インターネットもDVDもない時代、当時のパンクキッズが熱狂したフィルムコンサートの空気感を追体験できる貴重なチャンスだ。

上映作品内 出演者アーティスト:

BLACK FLAG, DEAD KENNEDYS, BAD BRAINS, GERMS, THE DAMNED, CRIME, MUTANTS, X, FLIPPER, SCREAMERS, THE DILS, RAMONES, THE CRAMPS, CRUCIFIX, TOXIC REASONS, CIRCLE JERKS, IGGY POP, THE AVENGERS, DEVO etc

*本上映作品はライブ演奏中心の映像のため、制作側の意向を尊重し、日本語字幕の挿入はしておりません。

Info

Target

Target Video 77 Presents STAND-UP & SCREAM!
公演日 : 2017年7月19日(水)
会場 : 名古屋 HUCK FINN
開場/開演 : 19:00 / 20:00
前売/当日 : ¥1,500 / ¥2,000(ドリンク別) オールスタンディング 上映 : STAND-UP & SCREAM! (60min)
トーク : Joe Rees (Target Video 77) Ticket : e+(イープラス)
公演日 : 2017年7月20日(木)
会場 : 渋谷 WWW
開場/開演 : 19:00 / 20:00
前売/当日 : ¥1,500 / ¥2,000(ドリンク別)オールスタンディング 上映 : STAND-UP & SCREAM! (60min)
トーク : Joe Rees (Target Video 77) Ticket : e+(イープラス)

前売りチケット 1,500円 2017年7月7日(金) e+(イープラス) にて一斉発売開始!

お問い合わせ:VICE MEDIA JAPAN 株式会社

Tel:03-3475-6050

e-mail: info.japan@vice.com

https://jp.vice.com/music/target-video-stand-up-and-scream

related

21 Savageがサントラのプロデュースを手がけた『スパイラル:ソウ オールリセット』| 「子供の頃から『ソウ』シリーズを見て育ってきた」と明かす

スリラー映画『ソウ』シリーズの最新作『スパイラル:ソウ オールリセット』が、9/10(金)に全国公開される。今作は過去8作をアップデート&リセットした作品となっていて、「ソウフリーク」として知られるクリス・ロック、さらにはサミュエル・L・ジャクソンも出演している。

富田克也監督の『サウダーヂ』が公開10周年を記念してデジタルリマスター版が劇場公開決定 | 田我流も出演

富田克也が監督、制作を富田や相澤虎之助など映像制作集団「空族」が行なった映画『サウダーヂ』の公開10周年を記念して、10/23(土)からデジタルリマスター版を新宿・K’s cinemaで劇場公開する。

ハーモニー・コリンの衝撃作『トラッシュ・ハンパーズ』が京都みなみ会館にて特別上映

ハーモニー・コリンのキャリア史上最大問題作と言われる『トラッ シュ・ハンパーズ』(2009)の特別上映が、京都みなみ会館にて7月17日(土)に行われる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。