Pa's Lam Systemが1stアルバム『Whatever
』をリリースへ | 向井太一をフィーチャーした先行曲の配信スタート

3人組トラックメーカーユニットPa's Lam Systemの1stアルバム『Whatever
』が、7月にリリースされる。

Pa's Lam Systemは昨年8月にリリースしたEP『TWISTSTEP』も話題になり、その勢いのままデビューアルバムのリリースとなった。

『Whatever
』は8曲入りで、本日から先行配信が開始された向井太一がフィーチャーされた"Don't Give Up On My Love"や、PARKGOLFが参加。Masayoshi IimoriとHyperJuiceのリミックスも収録される。

先行配信されている"Don't Give Up On My Love"は爽快なフューチャーハウスチューンだ。

Info

Paslam

■Pa's Lam System / Whatever
2017.7.19.(wed.)RELEASE!
¥1,350 / 全 8 曲

iTunes / Apple Music 2017.7.17.(Mon.)PRE-RELEASE!
他各種配信サイト 2017.7.19. (Wed.) RELEASE!

1.Space Coaster(第2弾先行曲)
2. Don't Give Up On My Love feat. 向井太一(第1弾先行曲)
3. 3D Rex
4. Fireworks(× PARKGOLF)
5. TWISTSTEP (Album Version)
6. I’m Coming (2017 Version)
7. TWISTSTEP (Masayoshi Iimori Remix)
8. Don't Give Up On My Love feat. 向井太一 (HyperJuice Remix)

■6/30(Fri.)【第1弾】M-2「Don’t Give Up On My Love feat. 向井太一」※iTunes Pre-Order

▽iTunes

https://itunes.apple.com/jp/album/id1249952646?l=ja&ls=1&app=itunes

▽Apple Music

https://itunes.apple.com/jp/album/id1249952646?l=ja&ls=1

■7/7 (Fri.)【第2弾】M-1「Space Coaster」 ※iTunes Pre-Order

※Pa’s Lam System「Whatever」特設サイト http://pas-whatever.cs8.biz/

※Pa’s Lam Systemオフィシャル http://www.toysfactory.co.jp/artist/paslamsystem

※向井太一 オフィシャル http://taichimukai.com

RELATED

向井太一がアルバムからの先行曲"ICBU"のFIVEISM × THREEとのコラボレーションミュージックビデオを公開

向井太一が9/18(水)発売の3rdアルバム『SAVAGE』から、先行配信曲"ICBU"のミュージックビデオを公開した。

adidas JapanがTENDRE、Samuel Seo、YonYon、さらに向井太一がゲスト出演する9/5(木)『The Link』のオフィシャルスポンサーに決定

YonYonが立ち上げた、日韓のプロデューサーとシンガーを楽曲制作という形でつなぎ、両国で楽曲を配信・プロモーションしていく音楽プロジェクト『The Link』。

DJ HASEBEが向井太一とBASIを迎えた新曲"Groovin’ in the Sunshine"と最新ミックスCDを同時発売

DJ/サウンドプロデューサーのDJ HASEBEが向井太一とBASIを客演に迎えた新曲『Groovin’ in the Sunshine』と最新ミックスCD『Tokyo Sunshine Groove 』を7月31日に同時発売する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。