Frank OceanがYoung Thugの新作『Beautiful Thugger Girls』に参加する予定だった

先日リリースされたYoung Thugのニューアルバム『Beautiful Thugger Girls』は、ギターのサウンドを取り入れたボーカルが強調されたThugにとっての意欲作となっている。

そんな新作にまさかのゲストアーティストが参加する予定だったことが明かされた。

新作の中でもメロウなサウンドで耳を引く"Me or Us"をプロデュースしていたCharlie Handsomeが、DJ Boothのインタビューに答えたところによると、この曲はもともとKanye Westのために使用される予定だったが、Kanyeが使わないことになり、Thugの元に渡ったと話す。

そしてThugがレコーディングしたあとに、Frank Oceanに曲を送るというアイディアが浮かび送ったが、スケジュールの関係でレコーディングされなかったという。

"Me or Us"にFrank Oceanが参加したら、まさにトラックもドンピシャの夢のコラボになった可能性は大いにあるだろう。

RELATED

Geniusがスラング「Slatt」の起源を紹介する動画を公開

「Drip」、「No Cap」の様にヒップホップシーンで頻繁に使われるスラング。最近になり現れた「Slatt」というスラングに関して、その起源を紹介する動画がGeniusより公開された。

Frank Oceanが自身の音楽制作の過程について考察

先日、GAYLETTERにて公開されたFrank Oceanのロングインタビュー。インタビューでは好きなアート作品や、趣味、恋愛など幅広いトピックについて触れられているが、その中で彼は自身の音楽制作についても語っている。

Frank Oceanの貴重なロングインタビューが公開|好きなアート作品、趣味、恋愛、制作などについて語る

アルバム『Blonde』リリース時に発行されたZINE『Boys Don’t Cry magazine』を再発し、近頃はInstagramアカウントを積極的に更新するなど様々な動きを見せているFrank Ocean。めったにインタビューに応えないことで知られる彼の貴重なロングインタビューがGayletterにて公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。