XXXTENTACIONがライブでファンに向けての熱いメッセージを語るも、翌日のライブでファンを殴る

ファンによって撮影された、XXXTENTACIONのコンサート中のMCの映像がネットに投稿された。ファンに向けて改めて感謝を述べた熱いメッセージが話題となっている。

“Have faith in yourself. No matter what anyone tells you, make sure you never give up on yourself” ”Listen, I respect religion, I respect people who believe in something”

「自分の中に信念を持て。誰になんと言われようと、自分をあきらめるな」「聞いてくれ、俺は宗教もリスペクトするし、何かを信じる人々をリスペクトする」と始まる彼のMC。

「君たちひとりひとりはスターだし天才だ。最も大事なのは信念を持ち自分を信じること」とファンに向けて語る。「癌に対する新たな治療薬を発明する人にもなれる、次の宇宙飛行士にもなれる、次の大統領にもなれる、俳優になって歌手になって次のスターにもなれる。君らはなりたいもの何にでもなれる」と、信念が大事であることを伝えた。

そして、ツアーに来ているファン全員、ひとりひとりに感謝していることを述べた後、「はっきりしておきたいのは、このツアーは金儲けのためではないということ。ファンと交流して楽しむことが目的。金を取らずにファンとも話したいし、写真も取りたいし、公共の場所であっても変わらない。常にファンに向けて敬意を払う」と、お互いリスペクトしようというメッセージで締める。

コンサートを盛り上げるための煽りというより、もはやスピーチと呼べるこのMC。観客からも歓声と盛大な拍手が起こり、彼のメッセージは伝わったようだ。XXXTENTACIONは喧嘩っ早く、コンサート中に暴力騒ぎや問題を起こしがちだが、このような熱い一面もあることが分かった。

しかしながら良い印象を与えたのも束の間。この動画が投稿された次の日に、彼がコンサート中に客を殴る動画が投稿された。ステージから客のいるフロアにおりるが、フロアにいる間に触ってきたやつは殴ると宣告していたにも関わらず触ってきたファンがいたので、正当防衛と称して手を出したとのこと。ファンのことはリスペクトしていても暴力的な一面は変わらないようだ。

RELATED

故XXXTentacionの遺族が代表曲“Look at Me!”のプロデューサーの一人に訴えられる

昨年の6月、銃撃によって命を落とし世界に衝撃を与えたXXXTentacion。彼がヒットするきっかけとなった代表曲“Look at Me!”のプロデューサーの一人が、彼の遺族を相手取り訴訟を起こしているようだ。

9th Wonderがグラミー賞の追悼コーナーにXXXTentacionが登場しなかったことについて「全員に追悼される権利がある」と語る

昨日開催されたグラミー賞の授賞式。グラミー賞ではその年に亡くなったアーティストの追悼が行われることが恒例となっている。Aretha FranklinやMac Miller、Aviciiなどのアーティストが追悼されたが、そこに昨年銃殺されたXXXTentacionが登場しなかったことが問題視されている。

KehlaniがR. KellyとXXXTentacionへの批判に対し持論を語る

Apple Musicの番組「Sunday Gems」に出演したKehlaniが、罪を犯したアーティストの楽曲を「ミュート」する運動に対して独自の考えを述べている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。