Young Thugが自分は次の2Pacであると発言

新しくアルバム『Beautiful Thugger Girls』をリリースした、Young Thug。彼はTupacと自分を比較し、「俺は次のTupacである」とツイートした。

「アルバム『Beautiful Thugger Girls』を2PACの誕生日にドロップした。なぜなら俺が次のTupac(NewPac)であり、俺は彼がなることのできなかったThugになったと感じる」と彼はツイート。そのツイートには#SoImGoinFinishWhatHeStarted(Tupacから始まり俺が終わらせる)と書かれたハッシュタグが続いている。

伝説的なラッパーと自分を比較するラッパーが最近多い。ここ数ヶ月だけでも何度か目にした。4月にTroy Aveが同じように自分は第二のTupacだとインタビューで語り、NewPacになれると発言している。その1週間後にはBoosie BadAzzが自分のことを「この時代のTupac」であると言及。

先人の音楽のスタイルや生き方に敬意を払うリスペクト精神は大事だが、「生まれ変わり」や「超えた」と自称すると必ずどちらのファンも反応し、賛否両論になってしまう。特にTupacのようにすでに亡くなってしまい伝説となっている場合は、どんなに今の時代で売れている人であろうと、比較することが難しいのでなんともいえない。(小林一真)

RELATED

Young Thugが問題となったGucciのブラックフェイスセーターを着ている動画を公開

Gucciから発売された、顔の下半分を覆うマスクのついた黒のセーターが黒人を差別する表現「ブラックフェイス」に酷似しているとして議論の対象になったことは記憶に新しい。Lil Pumpが「Gucciはもう買わないが“Gucci Gang”は歌い続ける」と宣言し、またT.I.とフロイド・メイウェザーのビーフが再燃するきっかけになるなどヒップホップシーンにも様々な騒動を巻き起こしたあのセーターを、Young Thugが着ていることが話題となっている。

Suge Knightの息子がまたもや「2Pacがスタジオ入りしている」と主張│新曲をリリースするためにレーベル「NEW DEATH ROW」も立ち上げ

1996年に銃撃されて命を落としたにヒップホップレジェンド2 Pac。彼が生前所属したレーベルDeath Row RecordsのオーナーSuge Knightの息子は、昨年突如として「2 Pacはマレーシアで生きている」と主張し始めたことで話題となっていた。そんな彼が、なんと2 Pacをスタジオ入りさせて新曲のレコーディングを始めたという。

GunnaのマネージャーがCamila Cabelloを知らなかったため“Havana”に参加できなかったことが明らかに

元Fifth HarmonyのCamila Cabelloが昨年リリースしたシングル“Havana”はシングルチャート1位を獲得したことをはじめ、数々の賞を受賞するなど2017年を代表する楽曲の1つだ。この曲にはフィーチャリングでYoung Thugが参加しているが、当初はGunnaが参加する予定だったことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。