最初期のコンセプチュアル・アーティスト『イアン・ウィルソン展』がTARO NASUで開催

2017/6/30(金) ~7/22(土)にわたり、東京・神田にある現代美術ギャラリーTARO NASUにて、コンセプチュアルアーティストの先駆者であるイアン・ウィルソンの個展が開催される。

イアン・ウィルソンは、1940年南アフリカ生まれ。20歳でアメリカにわたり、アーティストとして活動を始めた。ジョセフ・コスース、ローレンス・ウィナー、ロバート・バリー、アーティストグループ〈アート&ランゲージ〉らと並び、言語や概念を扱うコンセプチュアルなアート作品を手掛けることで知られている。

 

Wilson
Ian Wilson "Circle on the floor", 1968 Installation view at Galerie Mot & Van den Boogaard Brussels, 1998 Courtesy the artist and Jan Mot, Brussels

 

1968年、ウィルソンはニューヨークにあるローレンス・ウィナーのアトリエで、抽象的な事柄について議論を行う作品「Discussions」を初めて実施。対話を通じて何かを生み出すという構想のもと、議論の様子は写真や録音で記録せず、議論の日時と場所、そして対話者のサインが記された作品証明書だけを残して、作品として発表した。「Discussions」はドクメンタ7(1982)、ポンピドゥーセンター(1981,2005)、横浜トリエンナーレ(2014)、札幌国際芸術祭(2014)をはじめ、各国の美術展会場、アトリエや家などで継続的に行われている。

 

また1968年には、指示書に従い壁や床に円を描く「Circle on the floor」「Circle on the wall」を発表。言語によって組み立てられた指示と、描かれた円の関係に焦点を当て、この作品を制作した。

 

本展では、1968年にウィナーと行った最初の議論をはじめとし、アーティストや観客らと行ってきた議論の作品証明書を並べ、これまでの「Discussions」を一望に回顧する。また、「Circle on the floor」「Circle on the wall」の指示書も展示され、実際に床と壁に円が描かれる。(Yuuki Yamane)

 

 

INFO:

イアン・ウィルソン展

DATE:2017/6/30(金) ~7/22日(土)

OPEN:火~土 10:00 - 18:00

CLOSE:日月祝

TARO NASU
〒101-0031 東京都千代田区東神田1-2-11
T: +81-(0)3-5856-5713 F:+81-(0)3-5856-5714
www.taronasugallery.com

RELATED

現代ピクセルアートの世界を一望する書籍『ピクセル百景』が6月に刊行

ピクセルアートの最前線をまとめた初の作品集『ピクセル百景』が6月10日に発売される。

「Comic Abstraction」を牽引するRussell MauriceとAntwan Horfeeによるユニット展がCALM & PUNK GALLERYで開催

コミックの表現を使って実験を行い、象徴的なポップ・アートという系譜から、コミックを解放することに試みる「Comic Abstraction」。

有色人種の女性の人権をテーマにするアーティストLilian Martinezの個展がgallery communeで開催中

LAのブランドbfgfのファウンダーでアーティストのLilian Martinezによる個展『Rosa Mariposa』が、本日から東京・幡ヶ谷のgallery communeで開催中だ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。