DJ Khaledが"I’m The One"のレコーディングをQuavoは5分で終わらせたと明かす

DJ Khaledのキャリアの中でもトップヒットになりそうな"I’m The One"。BillboardのTwitterでKhaled本人が制作秘話を語るインタビュー動画が公開された。

"I’m The One"にはQuavo、Chance The Rapper、Lil wayne、Justin Bieberがフィーチャーされているが、KhaledによるとQuavoのバースは"I’m The One"を聞くのに必要な時間よりも早く完成したとのこと。

「Quavoにトラックを聞かせると、彼は『これはクレイジーだ』と感想を放ち、本当にたったの5分ビートを聞いただけで、即座にボーカルブースに向かってレコーディングを開始した」とDJ Khaledは語る。

他にもインタビュー動画内では、Justin Biberの家で最初に『I’m The One』のトラックを聞かせた話や、Chance The Rapperが二つ返事で引き受けた話など、他のゲスト達をどのように巻き込み、今回の曲が完成に至った経緯について言及している。

「このアンセムを完成させナンバーワンにするために全員ワクワクしていたし、皆が一丸となった」と、ヒット曲になるべくしてなったことを語り、そして「自分が一番だと思い、オンリーワンだと思い、朝起きたらまず鏡に映る自分を見て『自分はすばらしい』と思うことが大事」と『I’m The One』に秘めたメッセージについても動画内でDJ Khaledが説明している。

ラッパーやビートメイカーが半ばセルフ・ボースト的に5分や10分で曲ができたという場合もあるが、この場合は本人ではなくKhaledの証言という形だから、かなり真実味がありそうだ。

RELATED

Gucci Maneが「Migosは昔のMVでフェイクのチェーンをつけていた」と主張するもTakeoffに否定される

現在は不動の地位を確立しているGucci ManeとMigos。今回、Gucci ManeがMigosに対し思わぬ指摘を行なったことが話題となっている。

Migosの熱烈ファンがQuavoとOffsetの顔のタトゥーを入れる | Takeoffのものは今後入れる予定

近年のヒップホップシーンでも有数の成功を収めているMigos。そんな彼らの熱狂的なファンが、QuavoとOffsetの二人の顔をタトゥーに彫ったことが話題となっている。

OffsetがDonald Glover制作のMigosパロディコント『Friendos』をあまり良く思っていないと明かす

先週金曜日にソロアルバム『FATHER OF 4』をリリースしたOffsetが、GQの企画「Undercover」に登場した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。