Lil Yachtyが"Peek a Boo"のリリックでチェロとクラリネットを間違えた理由を語る

デビューアルバム『Teenage Emotions』をリリースしたLil Yachtyが歌詞サイトGeniusの動画コーナーに登場、アルバムにも収録されている"Peek a Boo"のあるリリックについて解説している。

My new bitch yellow/She blow that dick like a cello…

"Peek a Boo"には上記のリリックがある。このリリックが明らかになった時にYachtyはチェロをクラリネットなどの楽器と勘違いしているのではないかと話題になった。なぜならチェロは弾く楽器であり、blow=吹く楽器ではないからだ。

Yachtyはこのリリックについて、アニメ『スポンジボブ』のキャラクター、イカルド・テンタクルズが吹いている楽器がチェロだと思っていたと弁明。あれはフルートだった(実はクラリネットなのでYachtyは二回に渡り間違っている)と話す。

さらにYachtyは自身のA&Rが、この曲を何度も聞いているのにリリックの間違いについて指摘してくれなかったことについて不満を述べている。「誰もそれについて言ってくれなかった。写真を見せてくれて「君がその楽器について知ってるかはわからないけど、間違ってると思う」とか誰も言ってこなかったよ」とYachtyは憤慨している様子だ。

その後Yachtyはイカルド・テンタクルズが吹いているのがクラリネットだとツイートしたところ、ファンたちからは人間なんだから間違うこともあると暖かいリプライが送られている。Geniusのムービーは下のプレイヤーで見ることができる。

 

 

RELATED

Lil Yachtyが「City Girlsの“Act Up”のリリックを書いたのは俺だ」と明かす

ラップのリリックを他のラッパーに書いてもらうことは、賛否両論あるもののそう珍しいことではない。今回、Lil YachtyがCity Girlsのヒット曲“Act Up”の歌詞を「俺が書いた」と主張していることが話題となっている。

Lil YachtyがBhad Bhabieの誕生日に5万3000ドルのチェーンをプレゼントする

独特のキャラクターとその若さで注目を集めたフィメールラッパーBhad Bhabie。その16歳の誕生日に、Lil Yachtyが驚くべきプレゼントを贈った。

Lil Yachtyが日本で約12年ぶりに湯船につかる

今週の木曜日3/7に東京・渋谷のWWW Xで初来日公演を行ったLil Yachty。マスクをしたままライヴパフォーマンスをスタートするなどユニークなキャラクターで知られる彼が、日本滞在中にこんなツイートを行っていた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。