MigosとLil Yachtyが最も偉大なラッパーについて語り合う

デビューアルバム『Teenage Emotions』をリリースしたばかりのLil YachtyとMigosがイギリスのメディアNMEの企画で、「これまでで最も偉大なラッパー」について語り合った。

MigosのOffsetはOutkastのAndré 3000の名前をあげ「ラッパーとしてとても好きだよ」とコメント、TakeoffはKendrick Lamarをピックアップし、Yachtyもその意見に同意する。

Yachtyは「嘘はつきたくないから、Kendrickが最も偉大なラッパーだよ」と回答している。またQuavoはJay Zと答えて、「実際、Jay Zの偉大さを理解できるようになるには何年もかかったよ」と明かした。

普段は自分たちが一番かっこいいと主張するラッパーたちがキッズのように好きなラッパーたちについて語り合うのは微笑ましさもある。この企画のムービーは下記のYoutubeで見ることができる。

RELATED

Gucci Maneが「Migosは昔のMVでフェイクのチェーンをつけていた」と主張するもTakeoffに否定される

現在は不動の地位を確立しているGucci ManeとMigos。今回、Gucci ManeがMigosに対し思わぬ指摘を行なったことが話題となっている。

Lil Yachtyが「City Girlsの“Act Up”のリリックを書いたのは俺だ」と明かす

ラップのリリックを他のラッパーに書いてもらうことは、賛否両論あるもののそう珍しいことではない。今回、Lil YachtyがCity Girlsのヒット曲“Act Up”の歌詞を「俺が書いた」と主張していることが話題となっている。

Migosの熱烈ファンがQuavoとOffsetの顔のタトゥーを入れる | Takeoffのものは今後入れる予定

近年のヒップホップシーンでも有数の成功を収めているMigos。そんな彼らの熱狂的なファンが、QuavoとOffsetの二人の顔をタトゥーに彫ったことが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。