父親から名誉毀損で訴えられたフランク・オーシャンが「父親の発言は事実であった」と反論

今年2月フランク・オーシャンの父親がフランクを名誉毀損で訴えたことは記憶に新しいだろう。昨年フランク・オーシャンがオーランドのゲイクラブPulseでの銃撃事件に際してTumblrに投稿した内容をフランク・オーシャンの父親のCalvin Cookseyは問題視しているようだ。

昨年の夏にオーランドで発生したゲイクラブPulseでの銃撃事件に際して、フランク・オーシャンはTumblrに文章を投稿した。

その中でフランクは

当時6歳だった自分は、父親がトランスジェンダーのウェイトレスを「クソ変態」と呼び、近くのダイナーから一緒に出た。その時父親は「あんな汚い女にサーブされてたまるか」と言った。それが父親を見た最後のお昼で、その言葉を聞いた最初の時だった。

と書いている。

しかし、父親はそんなことはなかったと主張。このTumblrに投稿した話が父親のビジネスの機会を失ったとして、フランク・オーシャンに1450万ドル(16億円)の損害賠償を求めている。

Pitchforkが入手した裁判資料によるとフランク・オーシャンは父親の発言は事実であったと反論し、父親に対して裁判費用を支払うように求めてもいる。

RELATED

Frank Oceanが自身の音楽制作の過程について考察

先日、GAYLETTERにて公開されたFrank Oceanのロングインタビュー。インタビューでは好きなアート作品や、趣味、恋愛など幅広いトピックについて触れられているが、その中で彼は自身の音楽制作についても語っている。

Frank Oceanの貴重なロングインタビューが公開|好きなアート作品、趣味、恋愛、制作などについて語る

アルバム『Blonde』リリース時に発行されたZINE『Boys Don’t Cry magazine』を再発し、近頃はInstagramアカウントを積極的に更新するなど様々な動きを見せているFrank Ocean。めったにインタビューに応えないことで知られる彼の貴重なロングインタビューがGayletterにて公開された。

Frank Oceanが『ザ・シンプソンズ』の作者による同性愛を描いたイラストのタトゥーを入れる

近頃はInstagramアカウントで積極的に発信を行なっているFrank Ocean。そんな彼が新たに入れたタトゥーが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。