MONDO GROSSO、14年ぶりの新曲のボーカリストは満島ひかり | birdも参加しニューアルバム『何度でも新しく生まれる』がリリース

大沢伸一による伝説的ユニットMONDO GROSSOが、14年ぶりの復活を遂げる。
MONDO GROSSOが、14年振りに新作アルバムを6月7日にリリースする事が決定した。待望の新作は、MONDO GROSSO史上初となる “全編日本語ボーカルもの”となっているという。本日、参加ボーカリスト第1弾が、3名発表された。

大沢伸一
大沢伸一

まずは、アルバムリリースに先駆けて4/22に完全限定生産12inchアナログをリリース、そして本日4/28に先行配信が始まった"ラビリンス"を歌うのは、満島ひかりだ。作詞は東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦によるもの。
先行して公開されていた猫を抱える女性のジャケット写真と楽曲で、この女性ヴォーカルは誰なのか?と話題を呼んでいた。本日"ラビリンス"のリリックビデオもYouTubeで公開された。

 

そして当時からのファンにとっては垂涎のbirdとのコンビも復活する。フェンダーローズのプレイヤーとして、その音色に数多くのファンを持つINO hidefumiを、ボーカリストとして起用。彼の歌う楽曲「迷子のアストゥルナウタ」の歌詞は、元THE BOOMの宮沢和史によるものだ。

MONDO GROSSO (モンド・グロッソ)
6th ALBUM
『何度でも新しく生まれる』
2017.6.7 RELEASE

大沢伸一の音楽への挑戦の歴史とも呼べるMONDO GROSSO。
2017年に放たれる14年振りのアルバムは、MONDO GROSSO史上初となる
“全曲日本語ボーカル曲”。大沢伸一のサウンドと多彩な作詞家、ボーカリストがMONDO GROSSOの音楽世界を彩る。

[CD+DVD] CTCR-40387/B ¥3,300(tax out)
[CD only] CTCR-40388 ¥2,800(tax out)

CD
・「ラビリンス」
VOCAL:満島ひかり
WORDS:谷中敦 (東京スカパラダイスオーケストラ)

・「TIME」
VOCAL & WORDS:bird

・「迷子のアストゥルナウタ」
VOCAL:INO hidefumi
WORDS:宮沢和史 (元THE BOOM)

他、収録予定

DVD
詳細は追ってご案内致します。

■先行シングル情報
MONDO GROSSO (モンド・グロッソ)
『ラビリンス』
・2017.4.28 DIGITAL RELEASE

01.ラビリンス(Original Mix)
02.ラビリンス(DUBFORCE Mix)
03.ラビリンス(Acoustic Mix)
04.ラビリンス(Instrumental)

iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1226343415?app=itunes&ls=1

レコチョク
http://recochoku.com/a0/mondogrosso_labyrinth/

mora
http://mora.jp/package/43000002/ANTCD-22089/

・2017.4.22 完全生産限定12inchアナログ RELEASE
CTJ1-40386 ¥1.800(tax out)

MONDO GROSSO OFFICIAL WEBSITE: http://www.mondogrosso.com/
MONDO GROSSO OFFICIAL Twitter: https://twitter.com/MONDOGROSSO_JP
MONDO GROSSO OFFICIAL Facebook:
https://www.facebook.com/Mondo-Grosso-1691320817786668
MONDO GROSSO OFFICIAL LINE:
https://timeline.line.me/post/_dZYwxbe4uxHlG1_D_gFgaf1sJSATUOrtgOBxBSs/1149179246709011962

related

birdが東京、大阪で一夜限りのスペシャルライブを開催 | 大沢伸一もスペシャルゲストで登場

ソウルフルな歌声で幅広いファンをもつbirdが、東京と大阪のBillboard ?Liveで来年それぞれ一夜限りのスペシャルライブを開催する。

満島ひかりのEGO-WRAPPIN’がプロデュースした新曲"群青"のミュージックビデオが公開 | 12インチもHMVで先行発売決定

満島ひかりが、単独主演を務めた映画『海辺の生と死』。物語の舞台となった奄美群島・加計呂麻島から美しいイマジネーションを受けた満島ひかり自身が、映画とはまた違ったアプローチで“愛のものがたり”を語りつぎたいと、EGO-WRAPPIN’に楽曲提供のオファーをし、その思いにふたりが共鳴する形で生まれた楽曲"群青"のミュージックビデオが公開された。

満島ひかりがEGO-WRAPPIN’プロデュースの新曲"群青"をリリースへ | ジャケットは北山雅和が担当

満島ひかりがEGO-WRAPPIN’プロデュースのもと、自身がヴォーカルを務める楽曲「群青」を制作したことが発表、自身がDJをつとめた番組ニッポン放送『オールナイトニッポンGOLD』で先日オンエアされた。 同曲は満島が主演の映画『海辺の生と死』に登場する戦後文学史に強烈な印象を残す傑作「死の棘...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。