NONCHELEEEが初の作品集『LIFE GOES ON』を刊行。4/21から みどり荘で個展も開催

福岡でKYNEとのアトリエ兼ギャラリースペース『ON AIR』もオープンさせたNONCHELEEEが、初の作品集『LIFE GOES ON』を出版レーベルTISSUE PAPERSから刊行した。それに合わせ4/22から東京・目黒のみどり荘で個展も開催する。

TISSUE PAPERSは「街」「人」「文化」にフォーカスし、執筆やプロジェクト開発などを行うTISSUE Inc.による出版レーベル。NONCHELEEEの『LIFE GOES ON』が初の出版物となる。

個展のオープニングレセプション4/21に開催され、誰でも参加が可能。当日はNONCHELEEEが台湾で開発してきた酒”ゲリロン(Get it on)”を振舞い、本の中に登場するキャラクター”SLIM DICK HOSOI”名義でEXCLUSIVE GIGも行うという。

MOVIE: @zmurfobld VOICE: @lxxtok でお送りしてます。

@fuguriddimがシェアした投稿 -

IMG_3294
展示風景の模様
IMG_3307
展示風景の模様

Info

Noncheleee

NONCHELEEE EXHIBITION「LIFE GOES ON」
会場:MIDORI.so
住所:東京都目黒区青葉台3-3-11
会期:4月22日(土)〜4月30日(日)11:00〜20:00
料金:無料
オープニングレセプション:4月21日(金)18:00〜
midori.so

related

現代のアメリカのポップミュージックに迫る高橋芳朗による書籍『ディス・イズ・アメリカ 「トランプ時代」のポップミュージック』が刊行

音楽ジャーナリスト/選曲家として活躍する高橋芳朗による新刊『ディス・イズ・アメリカ 「トランプ時代」のポップミュージック』が刊行された。

名機「TR-808」のプロジェクトリーダー菊本忠雄が日本の電子楽器史を語る書籍が発売決定

世界の音楽シーンを変えたドラムマシーン「TR-808」のプロジェクトリーダーとして知られる菊本忠雄。

Black Lives Matterの認知拡大を目的にしたAwich主宰のエキシビジョン『Unity』が開催 | BlackEyePatch、GUCCIMAZE、UTOPIE (Kosuke Kawamura × YOSHIROTTEN)などが参加

Awichが主宰するアートエキシビジョンBlack Lives Matter Charity Exhibition『Unity』が9/26(土)と9/27(日)の2日間限定で、原宿のGallery COMMONで開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。