SpotifyでFNMNLのオフィシャル・プレイリストがスタート。毎週更新で世界中の新譜からセレクト

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで、今週からFNMNLがセレクトしたオフィシャル・プレイリスト企画がスタート。FNMNL編集部が毎週リリースされる新譜からピックアップしたトラックを、毎週水曜日に更新していく。

1回目の更新となる今回は、USの注目ラッパーKodak Blackのデビューアルバム『Painting Pictures』から、『ファイナルファンタジー』のサントラからサンプリングしているキラーチューン"Patty Cake"や、Chief Keefによるまさかのメロウダンスホールレゲエチューン"Can You Be My Friend"、中国のラップユニットHigher Brothersによるバンガー"Made In China"、tofubeatsのニューアルバム『FANTASY CLUB』からの先行シングル"BABY"などラップ中心に35曲をセレクト。プレイリストをフォローして毎週チェックすれば、世界中の新譜の情報をチェックできるはず。

プレイリストの視聴は下記プレイヤーで。

 

https://www.spotify.com/jp/

related

国内最大規模のヒップホップフェスティバル『POP YOURS』のSpotify公式プレイリストが公開

5月21日(土)、22日(日)に幕張メッセにて初開催されるヒップホップフェスティバル『POP YOURS』の公式プレイリストがSpotifyで本日3月3日(木)に公開された。

SpotifyとO-EAST、O-WEST、 O-Crest 、O-nestがネーミングライツ契約を締結

渋谷のライブハウスO-EAST、O-WEST、 O-Crest 、O-nestがSpotifyとネーミングライツ契約を結んだ。これにより12/1からSpotify O-EAST / Spotify O-WEST / Spotify O-Crest / Spotify O-nestにそれぞれ名称変更となる。

Spotifyが日本のヒップホップにフォーカスした新たなプレイリスト『+81 Connect』を公開 | Awich、BIM、Daichi Yamamoto、KM、Leon Fanourakis、LEXなどをアンバサダーに起用

Spotifyが5年間にわたり日本のヒップホップシーンの今を切り取ってきたプレイリスト『New Era: J-Hip-Hop』をリブランディングした新しいプレイリスト『+81 Connect』を公開した。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。