HARD-OFFでディグったレコードのみを使用して時間内にトラック制作!伝説の企画HARD-OFF BEATSがこの春帰ってくる!

サンプリングのネタとしてのレコードに掛ける資金と時間と場所を制限した状況でトラックメーカーは、楽曲制作することができるのだろうか?そして、どのような楽曲を制作できるのだろうか?これは人類が直面している問いである。

国内外のトラックメーカーたちは極限状態でのトラックメイクに挑戦してきた。海外だとSecondhand Sureshotsや日本では1000YEN BEATS VINYL ATTACKなどといった動画が公開されている。

その先人たちのチャレンジに触発された若きtofubeatsは2011年の夏、関西在住の音楽仲間であるokadadaやフーミンを誘ってセカンドハンドショップのチェーン店HARD-OFFへ繰り出した。

その2011年夏に公開された動画『HARD-OFF BEATS』は予算1000円でHARD-OFFで購入したレコードのみをサンプリングの素材としてオリジナルの楽曲を制作する企画。

シリーズの中ではtofubeatsの若かりしころの姿や、okadadaの変わらないユーモア、フーミンと呼ばれる友人の存在を確認することもできる。

それから6年が経った2017年春、ついに沈黙の時を破り伝説の企画HARD-OFF BEATSがパワーアップして帰ってくることがアナウンスされた。

動画で明らかにされた出演陣は、okadada、GUNHEAD、PARKGOLF、tofubeatsといった今をときめくプロデューサーたち。彼らが旅に出て、レコードを買い、音楽を制作するようだ。近日tofubeatsのYouTubeチャンネルから公開されるとのこと。チャンネル登録し、座して編集作業を待とう。

 

HARD-OFF BEATS(2011)はこちらから。

related

【フォトレポート】『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』

6/4(土)、6/5(日)に横浜赤レンガ倉庫を舞台に開催された『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』。日本最大級のアーバンスポーツの祭典と銘打たれ、日本人選手の活躍で一躍人気となったスケートボードやBMX、今新たに注目されているブレイキンやパルクールなど、全6種目の世界的プレーヤーたちが一堂に会したこのイベント。

tofubeats Interviewed by in the blue shirt | 『REFLECTION』をめぐる雑談

tofubeatsが今月リリースした4枚目のアルバム『REFLECTION』は、これまでハイペースでアルバムをリリースしてきたtofubeatsだが、前作『RUN』から4年のスパンをかけて制作された。同時発売された初の書籍『トーフビーツの難聴日記』で明かされたように、今作は突発性難聴を発症したことをきっかけに鏡というテーマが導き出され、制作が進んでいった。

赤レンガ倉庫で入場無料で開催される『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』にどんぐりず、doooo、FNCY、JJJ、 KM、Lil’Leise But Gold、MONJU、SPARTA、STUTS、tofubeatsなどが出演

6/4(土)、6/5(日)に横浜赤レンガ倉庫にて入場無料で開催される日本最大級のアーバンスポーツの祭典「YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022」のミュージックライブの全アーティストが解禁となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。