RLPによる秘蔵のエディット集『Edits/Utilities_#1』がフリーダウンロードで公開

東京を拠点とするコレクティブcosmopolyphonicに所属するビートメーカーのRLPが、自身のDJセットで使用してきた秘蔵のエディット集『Edits/Utilities_#1』をフリーダウンロードで公開した。

『Edits/Utilities_#1』には7曲が収録されており、DrakeやTinasheから、RayJなどによるヒップホップ/R&Bチューンに、アフロビーツやダンスホールなどのテイストを加えられたトラックや、よりDJユースなアフロブレイクチューンなど、DJには嬉しいトラックばかりとなっている。ダウンロードは下記リンクより。

 

related

【特集】Diaspora Skateboards 『SYMBIOSIS』|結成10周年、仲間達と作り上げた集大成

結成10年を迎えるDiaspora skateboardsの、アーティストと築き上げてきた関係性が垣間見えるインタビューとなっており、イベントに足を運ぶ前に一読して置くと、よりイベントを楽しむことができるので是非チェックして欲しい。

Diaspora skateboardsがAWAでプレイリストを公開 | スケートビデオ『SYMBIOSIS』に使用されるRLP & Submerseによる楽曲がAWAで独占配信開始

東京を中心に活動するスケートレーベルDiaspora skateboardsが、AWAでプレイリスト『Music for SKATE AND CREATE.』を公開した。アートワークは、Diaspora skateboardsがこのプレイリストのためにデザインしたものとなっている。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Cosmopolyphonic

今回は、マンスリーポッドキャスト番組『Cosmopolyphonic Radio』及び、不定期開催のイベント『Cosmopolyphonic』を経て形成されたアーティストコレクティヴのCosmopolyphonicから、RLP、RGL、Fujimoto Tetsuroが登場。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。