最強の洋楽コンピ『NOW』のレコードが44枚セットで販売中

洋楽好きのある程度までの年代の方なら、コンピレーション『NOW』シリーズの名前を聞いたことがあるのではないだろうか。

1983年にスタートした『NOW』シリーズは、現在まで34年間毎年のビッグヒットを収録したコンピレーションとして君臨してきた。

その『NOW』はCDとしてリリースされているのは、もちろんだが96年まではレコードもリリースされており、今回ebayに1983年から1996年の『NOW 35』までとスピンオフバージョンの9枚の44枚のセットがほぼ完璧な状態で売られている。

CDの中古盤は中古CD屋などでも、もしかしたら買い取ってもらえない危険性が高い『NOW』だが、レコードでここまでの完璧なセットが揃うのはとても珍しく、900ポンド(約13万円)で販売中だ。

ebayのページはこちら

related

レコードの売り上げが1986年以来初めてCDの売り上げを超える可能性が浮上

音楽を聴く媒体は時代によって変化してゆくもの。LPからカセットテープ、MD、CDなど様々なフォーマットに続いてストリーミングサービスが主流となった昨今だが、やはりレコードは根強い人気を誇っているようだ。

実際に音楽を奏でるチョコレートでできたアナログ・レコード

フランスの芸術家Julia Drouhinがチョコレートでアナログ・レコードを作った。問題なく再生できて、問題なく食べることもできるそうだ。

VRの仮想現実世界でDJをできるアプリ『Vinyl Reality』が登場

世界で初めて、VRを使用し仮想世界でDJができるアプリが登場した。VRを装着し、コントローラーを用いて、仮想現実の中で実際にDJができるようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。