Starlitoが自身のアルバムをBandcampで1,000ドルで販売し、購入する猛者が登場

ナッシュビルのベテランラッパーStarlitoがニューアルバム『Manifest Destiny』をリリース、iTunesでは1,500円で売られ、Apple Musicでも聴ける今作だが、Starlitoは自身のBandcampでアルバムを1,000ドル(約13万円)という価格で販売した。

XXLがこのニュースについてツイートしたところ、Starlito自身がリプライで、「誰かが999.99ドルで購入した」と明かし、購入した人物には特別ななにかを送るという。その後Starlitoはアルバムの値段を99.99ドルに下げて販売を続けている。

ではStarlitoはなぜこのような金額でアルバムを販売しているのだろうか。実は2012年にリリースされた『Mental WARfare』は100ドルで販売し、この時は2つの奨学金に正規の金額以外の利益を寄付したという。しかし彼は「おれは寄付について話したくなかった」と振り返っている。

今回Bandcampで購入された代金をStarlitoはまた無言で寄付するのだろうか。そうだとしたらベテランラッパーらしい渋い立ち振る舞いだ。

 

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。