最新MVがストリートヒット中!アトランタ出身の新鋭ラッパーSahBabii

SahBabiiという新鋭ラッパーがいま、彼の地元であるアトランタを中心に人気を集めつつある。2016年10月に彼がリリースしたミックステープ『SANDAS』からの"Pull Up Wit Ah Stick"のミュージックビデオは、2月3日の公開からわずか2週間で200万回近く再生されている。まずはこちらを聴いてみてほしい。

 

19歳のSahBabiiはアトランタに引っ越してくる前は約10年間シカゴに住んでおり、兄が家で音楽を作るのを見ていたことからラップに興味を持ったという。SahBabiiは音楽を作り始めるようになると、スタジオの代わりに家でレコーディングをしてきた。そして、昨年12月にリリースされた彼にとって3枚目のプロジェクトとなる『Sandas』も、録音は彼のベッドルームの壊れたマイクで行われ、しかも全ての作業は一日で終えられたそうだ。

すでにトップクリエイターMetro Boominとも交流がありDrakeが"Pull Up Wit Ah Stick"をリミックスするという噂も出ている。最近のDrakeのこうした乗っかり芸はいかがなものとも思うが、Drakeがリミックスしたラッパーはほぼブレイクしているので、その選球眼はさすがといえるだろう。

この新鋭ラッパーはちょうど最近ロンドンに行っているようで、ここではYoung Thugとの写真をInstagramにアップしている。Young Thugは現在、Drakeの「Boy Meets World」ツアーでサポートアクトを務めており、2月14,15日はロンドンでの公演だったのだ。ロンドンは今週末にファッションウィークを開催中だ。Lil YachtyやThug自身の例にもれず、ファッションシーンからのフックアップも今のラッパーにとっては大きな要素だ。この点でもSahBabiiはブレイクの王道を進んでいるといえる。

これ以外にも多くのアーティストがSahBabiiへの好意をすでに示しているようだ。

Energy Connected Us, Could Of Swore We Was Brothers That Grew Up In Da Same House ❤️??

A post shared by 666™ ?? (@sahbabii) on

まずは、上にある"Pull Up Wit Ah Stick"を、そしてSoundcloudにアップされている『Sandas』をチェックしてみてほしい。

(辻本秀太郎)

related

Lil DurkがミームとなったYoung Thugとの画像について詳細を明かす

2年ほど前、コラボ曲を制作していたYoung ThugとLil Durkがパソコンを見つめる画像がインターネットミームとして流行したことを覚えているだろうか?Young Thugの神妙な面持ちとLil Durkのポカンとした表情がなんとも可笑しいこの画像は現在でもしばしばTwitter等で用いられているが、今回、Lil Durkが画像についてのSNS上の声に反応した。

Young Thugの愛犬Ms Tootieが亡くなる|タトゥーを腕に彫ることで追悼

先日はPop Smokeの遺作『Shoot For The Stars Aim For The Moon』収録曲への参加で話題を呼び、またTravis Scottとのコラボも噂されているYoung Thug。そんな彼のSNSにしばしば登場していた愛犬Ms Tootieが先日この世を去ってしまったことが報じられている。

Travis Scottが自身のラジオ番組でBig SeanやYoung Thugとコラボした新曲3曲を初披露

先日はKanye Westの新曲“Wash Us In The Blood“に参加したことでも話題を呼んだTravis Scott。そんな彼が、自身のラジオ番組.wav Radioの最新エピソードを約2年ぶりに公開。そこで、Big SeanやYoung Thugとのコラボ曲となる新曲たちを初披露した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。