Frank Oceanが謎のインタビューで『Blonde』の制作プロセスを明かす

Frank Oceanといえば、ほとんどインタビューに答えないアーティストとして有名だ。彼が3年ぶりに答えたのは、ホワイトハウスを訪問した際に実現したわずか1分半のインタビューだった。

そんなレアなFrank OceanのインタビューがYoutubeに先日アップされたが、このインタビューを誰がどんな目的でやったものなのかが謎なのだ。

 

このインタビューはMaximum Dennisというチャンネルにアップされたもので、このアカウントはFrank Oceanとは関係のないただのファンアカウントのようだ。

このインタビューは2分半あり、アルバム『Blonde』の制作プロセスについてFrank Oceanが振り返っており、『Blonde』リリース後に撮影されたものであるのは間違いない。

インタビューでOceanは『Blonde』の制作プロセスを「DJミックスのようなものだ。DJミックスはすぐ失敗するし、うまくいっても休む暇がなく動き続けなきゃいけない」と、繊細な作業で、制作に常に振り回されていたことを話した。

また「この作品を作っている最中は人々の期待を常に意識していた」とOceanは振り返り、その理由を「僕はそれを燃料に使おうとしたんだ。なぜなら人々が良い作品を期待することと、僕がなにをしてなにを作るかということは明らかな関連があるんだ」という。ファンの期待をプレッシャーとしてとらえずに、それとしっかり向き合うことで傑作『Blonde』は作られたのだ。

制作期間中、もっともフラストレーションがたまったのは自分自身が何度もめちゃくちゃな状態になってしまったことだと振り返る。「そうなるのは避けられなかったし、本当によく起こったよ。それは他人にはどうしようもなかったし、どうなれば回復するかもわからなかった」と極限の精神状態に追い込まれていたことも告白した。

最後にOceanは「この作品はファンタジーじゃない。この作品は良かれ悪しかれ北の自叙伝的な僕の経験の全てだ。この作品が今の僕を作った。」と現在の集大成となった作品について締めくくった。

related

【特集】「私と『Blonde』」vol.2|「自己」の多層性を開ける

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

【特集】「私と『Blonde』」vol.1|butasakuによる往復書簡

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

SZAが新曲“Good Days”のリミックスをFrank Oceanに依頼すると語る

SZAが昨年末にリリースしたニューシングル“Good Days”。Jacob Collierが参加したこの楽曲は彼女の『Ctrl』に続く新作を期待させるものとして高い評価を受けているが、そんな同曲について楽しみなニュースが出ている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。