スティービー・ワンダーがプロデュースするアルバムを最後にアレサ・フランクリンがライブ活動から引退

アレサ・フランクリンが、スティービー・ワンダープロデュースのアルバムを最後にライブ活動から引退すると発表した。

デトロイトのローカル局でアレサ・フランクリンは、「今年はパフォーマーとて最後の年になる」と驚きの発表。

現在アレサ・フランクリンは、スティービー・ワンダーがプロデュースするオリジナルの曲のみでレコーディングを行う。2017年9月にアルバムをリリースする予定。

引退の理由を「孫と過ごすこと」と語った。理由は明らかになっていないが、ライブのキャンセルをすることが多くなっていた。数回のパフォーマンスは行うようだが、ライブの一線からの引退を決めたようだ。

アレサ・フランクリンの長過ぎる国歌斉唱はこちらから。

RELATED

Stevie WonderがKanye Westの奴隷制についての発言を馬鹿げているとコメント

ヒップホップシーンにも大きな波紋を残しているKanye Westの「奴隷制は選択だった」というコメント。

スティーヴィー・ワンダーが「これまでに2回飛行機を操縦した」と語り、今年ある真実を明かすと予告

スティーヴィー・ワンダーといえば盲目の天才シンガーとして、あまりにも名高い。しかし彼が実は視覚があるのではないかという噂話は、彼の残してきた様々な伝説とともに、まことしやかにささやかれていた。そしてとうとうその真実が白日のもとにさらされる日がくるのかもしれない。

アレサ・フランクリンの長すぎる国歌斉唱を聴け

皆さんはアメリカ国歌は歌い終わるのに何分かかるか知っているだろうか?例えばYoutubeにアップされているバージョンだと1分16秒だ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。