Kanyeプロデュースの新曲と共にG.O.O.D. Musicの新メンバーだと主張するラッパーをPusha Tが一刀両断

Kanye Westが創立し、Pusha Tが社長をつとめるレーベルG.O.O.D. Musicは、まだレーベルと契約していない多くのラッパーにとって憧れであるのは間違いないだろう。G.O.O.D. MusicにはBig SeanやQ-Tip、Desiignerなど多くの人気ラッパーが所属しているが、この度新たにレーベルのメンバーだと主張するラッパーが現れた。

そのラッパーはNYのロングアイランドを拠点にするKing Myersだ。Myersは昨日"Propaganda"という新曲をリリース。この曲はアンチドナルド・トランプがテーマになっており、なんとプロデュースはKanye Westが行っているという。さらにどこか見覚えのあるジャケットはKanyeのアルバム『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』から借用されたものだ。

 

この曲を携えたMyersは、自分が新しいG.O.O.D. Musicのメンバーだと主張。社長のPusha Tに対し「Pusha、あなたのターンだ」とツイートを行った。

これに対しPusha Tは「おれはお前が誰か知らないんだ。やめてくれ」と一刀両断。

もちろんKanye Westも曲をプロデュースしたことを否定し、Myersもあっさり嘘だということを認めた。しかしMyersは、ニュースサイトなどが取り上げてくれたらよかったということで、全く懲りてない様子だ。これもすごい2017年らしいやり口かもしれない。

related

【レビュー】Kanye West 『DONDA』|ゴスペルの完成または..

度重なるプレリリースイベントを経て、Kanye Westが8月末にリリースした新作『DONDA』。Kanyeが最も愛した実母の名前を冠したこのアルバムは、幾度となくリリース予告がされていたこともあり重要な作品と目されており、リリースと同時に大きな反響を呼び、久しぶりの商業的な成功を彼に与えることに...

Kanye WestとGAPによるYEEZY GAPのラウンドジャケットの先行予約がスタート

Kanye WestとGAPによる話題のプロジェクトYEEZY GAPから、目玉アイテムとして発売前から話題になっていたラウンドジャケットのブラックの先行予約がスタートした。

Kanye WestのドキュメンタリーがNetflixに3000万ドルで購入される

アルバム『JESUS IS KING』以降まとまったリリースは無いながらも、昨年の大統領選やKim Kardashianとの離婚、GAPとのコラボレーションなど何かと話題の尽きないKanye West。そんな彼のドキュメンタリーが、Netflixに高額で買収されたことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。