KEITA KAWAKAMI主宰のレーベルKSWよりSAUCEMANが『鳥ep』をリリース

関西juke/footworkシーンを中心に活動するKEITA KAWAKAMI主催のレーベルKSWよりSAUCEMANが『鳥ep』をリリース。今回マスタリングにはプロデューサーMETOMEが担当。PVはレーベル前作に引き続きSeihoやTOYOMUのMVを手がけるKiyoshi Matsumaeが監修。MVには、d.j.fulltono、Kaoru Nakano、Sakiko Tamura、Mightwhalesなどが出演している。

---
音楽ライターの河村祐介によるレビュー

D.J.G.O.改めSAUCEMANのニューEPは、関西を中心に活躍する、KEITA KAWAKAMI(ファラカミ)主催の
JUKE / FOOTWORKのレーベル〈KOOL SWITCH WORKS〉からリリース。その名も
「鳥」。図書館で手にとった、個人寄贈の「鳥の鳴き声」フィールド・レコーディングの
ライブラリーCDRが、そのスタートとなったという4曲。JUKE / FOOTWORKの向こう側に広
がる、幻のようなチルアウトの成れの果て、進むべき道はないが、ここには音がある。

つんのめるソースの辛み、旨み、甘み、滲むアフロのグルーヴ、ソースマンがたどり着い
たおじさんのトラックメイクの境地。そのグルーヴの鳥。心のなかのゲットー、路地裏に
できた安酒の水たまり、そこに降り立ったのは名前も知らない、見たこともない鳥を追い
かけるソースマン。その足跡はいつのまにかリズムに、生まれるグルーヴは、滲んで広が
るソースのシミのように広がる4曲へとなる。空虚なBPM160の回転灯をあわよくば見逃すな。

すべてで41曲あるという鳥シリーズから、たったの4曲。脳髄が千鳥足を踏みながらジャ
ズ・ドラムで一歩も進めない、メランコリックでチルアウト、もはや路地裏に捨てられた
音楽雑誌に、泥とナメクジの間にうつるECMのジャケットから聴こえてきそうな「鳥
7」。アートコア・ジャングル時代のフォーテックが、朝風呂場の湯船に転生し、生まれ
たしまったかのような「鳥4」。ふやけたファンファーレとともにはじまり、意外な色気
を見せる向こう見ずな「鳥5」。そしてとんでもない形の大きな車輪がゆるい坂道を転げ
ながら、チンドン屋とスネアドラムを巻き込む「鳥6」。4者4様のあからさまなサイケ
デリック具合は、抜けの良さがくせになる。滲み出るグルーヴがそうさせるのか、落ち着
きのないやつの心象がそうさせるのか。まずは聴いてのお楽しみ、聴けば聴くほど天然モ
ノの恐ろしさに背筋が凍るとも言える。

RELATED

Keita Kawakami主宰レーベルより国内アーティストによる「ゲットーテック/エレクトロ」に焦点を当てたコンピシリーズがリリース

ファラカミことKeita Kawakamiが主宰するレーベルK.S.Wから、国内アーティストによるゲットーテック/エレクトロに焦点を当てたコンピレーションシリーズ『delicious beats 4sale!』がリリースされた。

ベストサマーチューン 2017 Selected by KEITA KAWAKAMI

FNMNLの夏企画『ベストサマーチューン』。アーティストやDJ、アパレル関係者、はたまたブロガーやライターなどの方々が、思い思いの2017年夏の1曲をピックアップ。

KEITA KAWAKAMI主宰のレーベルKSWより台湾のアーティストMeuko! Meuko!が『About Time EP』をリリース

レーベルKSWから台湾のアーティストMeuko! Meuko!が『About Time EP』をリリース。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。