DIC川村記念美術館でアンフォルメルの先駆者ヴォルスの個展『ヴォルスー路上から宇宙へ』が開催

2017/4/ 1(土)~7/2(日)にわたり、千葉・佐倉市のDIC 川村記念美術館にて、激動の時代を生きたドイツの芸術家ヴォルスの個展『ヴォルスー路上から宇宙へ』が開催。会期中は展示室内にて城之内元晴の映画『WOLS』の上映も予定している。

ヴォルス(1913-1951)は音楽と詩に親しみ、独学で絵を描くようになった稀有な芸術家だ。第一次世界大戦後のドイツに生まれ、1930年代にパリで写真家として成功するも、普仏戦争が始まると敵国人として収容所などを転々とする。しかしながら不遇な環境下で描画の才能を伸ばし、第二次大戦後はサルトルら文学者に認められ、死後は「アンフォルメルの先駆者」と評された。

ヴォルス《無題》 1942/43年 グアッシュ、インク、紙 14.0×20.0cm DIC川村記念美術館 WOLS "Untitled" 1942/43 gouache and ink on paper 14.0×20.0cm Kawamura Memorial DIC Museum of Art
《無題》1942/43年 グァッシュ、インク、紙 14.0 x 20.0 cm DIC川村記念美術館
S017-05 ヴォルス 《裸体の花》 制作年不詳 ドライポイント、紙 12.3 × 10.0 (32.5 × 25.0)cm DIC川村記念美術館蔵 WOLS Nude in Blossom date unknown drypoint on paper Kawamura Memorial DIC Museum of Art
《裸体の花》1949 / 62年 サルトル『食糧』(1949年刊)の挿絵 ドライポイント、紙 12.3 x 10.0 cm DIC川村記念美術館

日本でも 1950年代にアンフォルメルの作家として紹介され、1964年には東京・南画廊で初めての個展が開催。その際、瀧口修造らが文章を寄せたカタログと画集が出版され、ヴォルスの作品が多くの人の心をつかんでいる。

Nicole Bouban; Wols (French, born Germany, 1913 - 1951), Georg Heusch; Paris, France; negative: about 1933; print: 1976; Gelatin silver print; 13.6 × 20.2 cm (5 3/8 × 7 15/16 in.); 84.XM.140.168
《ニコール・ボウバン》c.1933 / 76年 ゼラチンシルバープリント 13.6 x 20.2 cm The J. Paul Getty Museum, Los Angels
Gebaudewinkel mit Abfall, Clochard; Wols (French, born Germany, 1913 - 1951), Georg Heusch; Cassis, France; negative: 1940 - 1941; print: 1976; Gelatin silver print; 16.3 × 17 cm (6 7/16 × 6 11/16 in.); 84.XM.140.159
《ごみのある一隅、浮浪者》1940-41 / 76年 ゼラチンシルバープリント 16.3 x 17.0 cm The J. Paul Getty Museum, Los Angels

本展は写真・水彩・油彩・銅版画、そして言葉と、メディアを横断したヴォルスの作品世界全体を約 120作品で紹介。この規模での展示は、日本でも初めての試みだ。近年は展覧の機会が少ないヴォルスだが、DIC 川村記念美術館所蔵のコレクションを中心に、その深い世界観をあますところなく伝える。(Yuuki Yamane)

INFO:

ヴォルス 路上から宇宙へ

会期: 2017/4/ 1(土)‐7/2(日)

開館時間:9:30-17:00 (入館は 16:30 まで)

休館日:月曜

入館料:一般 1,300 円、学生・65 歳以上 1,100 円、小中高 600 円

会場:DIC 川村記念美術館 千葉県佐倉市坂戸 631 代表電話 0120-498-130

主催:DIC 株式会社

後援:千葉県 千葉県教育委員会 佐倉市 佐倉市教育委員会

監修:千葉成夫氏(美術評論家)

コレクション以外の作品借用先:

国立国際美術館、大原美術館、横浜美術館、J・ポール・ゲティ美術館、個人所蔵家

related

コカ・コーラの新ブランド「トポチコ ハードセルツァー」の発売を記念したアート展示が渋谷で開催

コカ・コーラから発売された新感覚のアルコール入りスパークリングウォーター「トポチコ ハードセルツァー」によるアート展示『TOPO CHICO SHIBUYA ART GALLERY』が8/30(月)まで開催中だ。

Charli Tapp、noise、Quentin Chambry、Valentin Dommangetによるグループ展『B1(ultra)safe』がANAGRAで開催中

それぞれ東京を拠点に活動するアーティストCharli Tapp、noise、Quentin Chambry、Valentin Dommangetの4人によるグループ展『B1(ultra)safe』が、8/15(日)まで半蔵門・ANAGRAで開催中だ。

ゲームのバグをテーマにしたアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が開催

東京在住のアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が、幡ヶ谷のgallery communeで5/28(金)から開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。