R&S Recordsのサブレーベルがメタルギア2やDARK SOULSなどの日本のゲーム音楽を手がけた竹ノ内裕治の作品コンピレーションをリリース

ベルギーの名門レーベルR&S RecordsのサブレーベルApolloが、メタルギア2やX-MEN、DARK SOULSなどのゲーム音楽を手がけたゲーム音楽家であり、テクノ・ハウスプロデューサーである竹ノ内裕治の作品のコンピレーションを3月にリリースする。

Apolloが3月にリリースするコンピレーション『Brand New Day』は竹ノ内が1997〜1998年にR&SとGenerations、Global Cutsからリリースしたアンビエント、ディープ・ハウス作品をまとめたものになる。

NewImage

Apolloは、2015年にRush Hourがハウス・プロデューサーの寺田創一のコンピレーション『Sounds From The Far East』をリリースしたことを受け、今回竹ノ内のカタログを再びリリースすることを決定した。

『Brand New Day』は3/10にApolloからリリースされる。プレオーダーはこちらから。

Tracklist:

01. Morning
02. Reve
03. Souvenir
04. Afternoon
05. Pacific Jazz
06. Evening
07. Nite
08. Ocean In Heaven
09. Regard

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。