追悼 | クラウドラップのパイオニア FriendzoneのJames Laurence

一昨日アメリカ・ベイエリアを拠点とするプロデューサーユニットで、いわゆるクラウドラップシーンのパイオニア的存在として知られるFriendzoneのメンバーJames Laurenceが亡くなった。27歳だった。相棒Dylan Reznickとともに、彼は2010年代前半の音楽シーンに大きな功績を残した。そしてそれはアメリカだけの話ではなく、ここ日本にも関係のあることだ。振り返りたい。

文:和田哲郎

Jamesは元々ハードコアバンドDDSや、LVC名義でのソロ活動を行っていたが、2005年にRobin Williams on Fireというノイズロックバンドを組んでいたDylan Reznickと出会い、バンド活動を経てFriendzoneを結成する。

2011年にリリースされたミックステープ『Kuchibiru Network』をリリース。岡田有希子の同名曲からタイトルをとり、岡田の楽曲や、チルでスクリュー以後の浮遊感漂うジャンルレスなサンプリングを用いた自身のビートなどが収録されたこのミックステープが局所的に話題になった。

そして同年盟友Main AttrakionzやRyan Hemsworthの楽曲を収録した『Kuchibiru Network 2』をリリース。この作品にはFNMNLでも取り上げた謎のTwitterアカウントKonyagatanakaがプロデュースを手掛けたCARIOS & DKXOによるクラシックチューン"Local Distance"(初出はJPRAP.COMが手掛けたフリーミックステープ『#Nibiru』)も収録されていた。また同時期にCARIOS & DKXOはFriendzoneのプロデュースによる"From Dusk Till Dawn"も公開、それまではまだ珍しい形だった、インターネットを通して起こった日米のこの新しい形での邂逅は、筆者にとっても大きな出来事だったのは記しておきたい。

このようなサウンドはインターネットで絶大な支持をほこるラッパーのLil Bが積極的に取り上げていたが、一気にそうしたサウンドが広まりるきっかけとなったのは、2013年のA$AP Rockyのデビューアルバム『LONG.LIVE.A$AP』に収録された"Fashion Killa"だろう。同曲のプロデュースをおこなったのがFriendzoneだ。春風のようなキラキラとしたエモーショナルなメロディーは、Friendzone史上で最もポップなプロダクションの1つだ。

 

 

この年Friendzoneは『Kuchibiru Network 3』(Konyagatanakaはこちらにも参加)もリリースし、初めてのビートアルバム『DX」をリリース、彼らのメロディックなテイストをテクノからスクリューまで様々なスタイルで昇華した同作は、彼ら自身そして2010年代前半のビートの1つの結節点だったといえるだろう。

Faderに盟友Main Attrakinonzの2人がJamesについて語るインタビューが掲載されており、代表曲の1つ"Perfect Skies"が、2組が初めて会った時に制作された曲であること、アーティスト同士ではあったが、2組ともそれ以上に音楽好きであったこと、Jamesは常に笑顔でいつも女性についてやビデオゲームについて話していたことなどのエピソードがとても印象的だ。

最近はまとまった作品のリリースは行っていなかったものの、T.R.E.A.M.によるコンピ『LIFE LOVES THE DISTANCE』のリミックスを行いたいとJamesが名乗りでていたという話もある。それは永遠に実現しないことになってしまったが、Friendzoneの作り上げた新しい可能性に満ちた作品群は、いつまでもインターネットの上をふわふわとさまよっている。

相棒DylanはJamesの死後Facebookに1曲の楽曲をポストしている。

 

related

謎のアカウント「今夜が田中」の5年前のミックスをVincent Radioが公開

TREAM presents 田中面舞踏会サウンドトラック『LIFE LOVES THE DISTANCE』のリリースをうけて、先日特集番組を放送したインターネットラジオ局VINCENT RADIOが、5年前に放送された今夜が田中 aka コンタナによる、初のネット配信ミックスを初めてアーカイブ化しSoundCloud上にアップした。

T.R.E.A.M.コンピのきっかけになった謎の人物「今夜が田中」とは?証言でつづる人物像

今週12/21にTREAM presents 田中面舞踏会サウンドトラック『LIFE LOVES THE DISTANCE』がリリースされる。このコンピレーションにはPUNPEEやBAD HOP、MONYPETZJNKMN、ECD、K-BOMB、G.RINAなど多くの注目アーティストが参加している。...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。