1月に大阪と東京で公演を行うUKのプロデューサーMurloが『バッドマン・フォーエバー』で使用された「Kiss From A Rose」を幻想的にリミックス

ダンスホールにインスパイアされたグライムのトラックをプロデュースし、UK内外で評価の高いプロデューサーMurloが1995年に公開された『バッドマン・フォーエバー』で使用されたSealのラブバラード"Kiss From A Rose"をリミックスした。

1994年にリリースされた、オリジナルのスムースでロマンティックなバラードをインストルメンタル・バージョンにリミックス。ニューエイジ的で鳥の声をサンプリングしたリミックスは一聴の価値がある。

昨年インターネットで原曲のmidiファイルを発見し、リミックスしたということだ。昨年はRihanna"Work"やAJ Traceyの"Naila"のリミックスで、リミックスワークにも定評のあるMurloは、1月アジアツアーを行う。1/20には東京で、1/21は大阪のCircusでそれぞれ公演。

Jan 07 – Seoul @ Cakeshop
Jan 13 – Hong Kong @ XXX Gallery
Jan 14 – Shanghai @ Elevator
Jan 20 – Tokyo @ Circus
Jan 21 – Osaka @ Circus

原曲はこちらから。

related

Diggin' in Japan ― 来日ツアーを行うUKのプロデューサー DJ MURLOがアジア滞在中に購入したレコードを紹介

UKのミッドランドで育ち、ロンドンとマンチェスターで活動するプロデューサーのMurloは、ダンスホールにインスパイアされたグライムのトラックをリリースする注目のアーティスト。Swing TingやOilgangなどのレーベルからリリースを重ね、2015年末に『Odyssey EP』をMixpakから...

注目レーベルMixpakに所属するUKの新進気鋭のプロデューサーMurloが今週末東京と大阪で来日ツアー

昨年開催されたRed Bull Culture Clashを制したレーベルMixpakに所属するプロデューサーMurloが今週末東京と大阪で来日ツアーを行う。東京、大阪ともに国内外で活躍するDJらがサポート。

グライムシーンで注目を集める、Double Clapperzが初のアナログ盤『VIP』をリリース

グライムシーンの雄、Double Clapperzによる1st Vinylがリリース

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。